誰かに聞いた怖い話
91話…届かぬ思い
.
『俺さぁ…さっき話したよな』



キャンプ場に吹き荒れる旋風の泣き声が、一瞬止まった静寂の闇の中、辺りに響くのは湖の岸辺に打ち寄せる波の音と、焚き火の中で燃え盛る薪のはぜる音だけでした

その一瞬の静寂の時を不意に破ったのは、車好きな彼の一言だったのです



『?』

でも、彼のその言葉は余りにも漠然としていて、そのさっきがどの事を指しているのか、私には分かりませんでした



『…俺と付き合っていた彼女の事さ』



『あっ!』

続けて呟いた彼の言葉に、私は思い出したのです

トンネルでの一件が原因で、彼と別れて故郷に帰ったと言う彼女の事を…



『俺さぁ…思うんだ』

『彼女とは、此の世ではもう二度と逢えない…そんな気がするんだ』



『何を馬鹿な事を言い出すんだよ…彼女の事を、ずっと待っててあげるんだろう?』

『彼女の事が好きなんだろう?』

私は彼に、そう尋ねる事しか出来なかったのです



『…』

でも…彼は黙って力無く首を横に振るばかりでした



…急にどうしたのだろう?



…あの話の時では、いつ迄も彼女の帰りを待つつもりだって、あんなにはっきりと言っていたのに…何故急に…

[前頁へ][次頁へ]

11/67ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!