誰かに聞いた怖い話
・・・疑問4
.
私はそこに何が在るのか、彼女から聞いて知っていました

そこにはかつて、彼女の住むアパートを日当たりの悪い場所にしていた建物が建っていたのです



その建物は人々の出入りの多いビルでした

日本の各地からは元より、遠く異国の地に住む宗教も習慣も異なる人々が、それぞれの思惑と目的の為に身体を休める場所だったのです

人はそこをホテルと呼んでいました



けれども、現在彼女の住むアパートの南側に、高くそびえるホテルはありませんでした

そこには建物など建っていない、広い空き地が広がっているばかりだったのです



そうです



彼女の住むアパートの二階の部屋の南側の窓から見えるのは、古びた金網で囲われた何も無い広い原っぱだったのです



その空き地にかつてそびえていたホテルは、死傷者数十人を出した火災によって閉鎖され、数年前に治安上の問題から取り壊され更地になっていたのでした

けれども、それ程の犠牲者を出した土地柄ともなれば、中々買い手もつかずに雑草の伸びるままにされていたのです



そして彼等は、自分の命を落とした場所から、自分達の遺体を再び焼かれた場所へと…

南から北へと、今宵も彷徨うのでした

[前頁へ][次頁へ]

4/67ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!