[携帯モード] [URL送信]

卒業

「本気?」

「本気…じゃなかった?」


望は急に不安げに、聞いてきた。そんな望に俺は少し安心し、目の前で手を振り慌てて否定する。


「いや。本気なら良いんだ。おれ、また絶対、馬鹿な勘違いされると思ってた。」


まさか、そんな返事が返ってくるなんて思ってなくて、頭は妙に冷静だ。


「しないよ。馬鹿じゃないし。」

「馬鹿だよ。お前のせいで付き合えた途端、遠距離だ。…絶対浮気すんなよ。」


望を睨みつけて言うが、俺の方が身長が少し低い分、どうにも迫力がでない。


「しないよ。」

「いや。お前、押しに弱いんだから、俺みたいな奴に告白とかされたら、どうすんだよ。」

「いないって。そんな物好き。」


そう言うと、望は今度はへらへらではなく、吹き出して笑う。


「いるかもしれないだろ。」

「お前だけだよ。」

「っ?!……お前は、無自覚にそんな事言ったりするから、心配なんだよ。」





[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!