[通常モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
帰り道 2


僕は何とか震えている足で立ち上がった。



どうして僕がリンチされなきゃいけないんだ?



何か気に障ったことしたのかなぁ?



会ったこともない人達なのに?



ワカラナイ。



逃げなきゃ、でも足が動かないよ。

早く動いて僕の足。



「み〜つけた♪」

「こいつが柊木 領?ホントに平凡だなぁ。」

「何やってんだよ?さっさと捕獲しろよ。」



いつの間にか僕は3人の不良に取り囲まれていた。

3人とも体格が良くて、僕では到底敵いそうもない。



1人の不良が僕の腕を捕らえて羽交い締めにした。

その拍子にコンビニで買った袋を落としてしまった。

もう1人は髪の毛を引っ張って僕の顔を上げさせた。



「な、何するんですか?放して下さい!」



残りの1人が鼻で笑ってから僕に言った。



「放せないよ?これから君と僕達で面白いコトするんだから♪」



僕は唇をワナワナと震わせて、不良を睨み付けた。



「お、面白いコト?僕はしたくない。放して!」



ドスッ!



「うっ!ゲホ・・・」



不良の1人にお腹を殴られて、僕はうめき声を上げた。



「喚くな。大人しく殴られりゃ良いんだよ!そしたら直ぐに済むんだからよ。」



僕は痛さと悔しさで、涙が溢れてきた。

何でなの?

どうして殴るの?



ポロポロと涙が頬を伝って流れ落ちた。



不良の1人が僕の顎を捉えて、じっと涙を流す僕を見ていた。



「こいつ、結構、可愛いくねぇ?」



残りの2人は訳が分からないといった顔をしてもう1人を見た。



「うん。やっぱり可愛い。おい、リンチはやめだ。強姦にしようぜ!」



僕は目を見開いて、今言った奴を見た。



強姦?

強姦って・・・。

僕は真っ赤になって叫んだ。



「ぼ、僕は男だ!強姦なんて、おかしい。変態じゃないか!」



パシッ!



今度は頬っぺに平手打ちをされた。



「あ!」



唇が切れて血が出てきた。

不良達は構わずに僕の上半身の服を脱がし始め、肌をさらけ出した。



真冬の寒い中を裸にされて僕の体はブルブルと震え、歯がガタガタと鳴り出した。



「ちぇ、色気がねぇな!寒いし場所変えようぜ。ゆっくり楽しませて貰うからな。」



不良達はニヤニヤして、僕に笑いかけた。






[*前へ][次へ#]

19/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!