[通常モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
帰り道 3


林から別の場所に移動しようと不良達が歩いていると、間近に小屋が現れた。



不良達は相槌を打ちあってから、その小屋に僕を連れ込んだ。



「ああッー!」



乱暴に小屋の中に投げ込まれ、僕は強かに頭と腰を打ち付けた。



イタイ。



あまりの痛さに涙が溢れた。



「・・・どうして、こんなことするの?」



「どうしてって言われてもなぁ?」

「お前が目障りな奴等がいるんだよ。そいつらが俺達に、お前を痛め付けてくれと頼んできたんだ。」



僕は目を見張った。

目障りだなんて!

僕が何をして、そう言ってるの?



「頼まれたから、僕を痛め付けるの?」



「まっ、そういうことだ。悪く思うなよ?でも、お前は運が良いぜ。俺達がHの相手してやんだから。」



僕は全身から血の気が引いていった。

いやだイヤだ嫌だ!

男とHするなんて死んでも嫌だ!

僕は逃げようと扉まで走った。

だけど不良達に容易く捕まってしまう。



「やぁあ、離して!」



「へっ。いい様だな。おい、そのまま押さえつけろ!俺が最初に犯る。」



やだ、やめて!

こんなの変だ。



「いや、いや・・・止めて!」



不良達はジタバタと暴れる僕を押さえ付けてから、1人が僕に覆い被さった。



「男とsexするの初めてか?」



「ヒッ、ク、ふぇ・・・ううっ。」



嗚咽している僕を、不良達は面白そうに見下ろしてから、僕のベルトを外しにかかった。



僕はこれからおこる恐怖に体がすくんでしまい、気を失いそうになった。



カチャッ、カチャ。



ベルトを外し終わり、ズボンに手をかけられた、その時。



ガンッ、ガンッ!



扉を蹴る音がして不良達は扉の方を見つめていたが、僕を押さえ付けていた2人が離れて臨戦態勢に入った。

開いた途端、扉の近くにいた不良が一瞬で部屋の壁にふっ飛んだ。



「うわぁ!」



「何すんだ、この野郎!ぶっ殺してやる!」



そう言うなりもう1人の不良が、扉を開けた人物に殴りかかっていった。

しかし、次の瞬間またしても不良はふっ飛んだ。



扉を開けて中に入ってきた人物は僕達の方を見た。

僕の上に乗っている不良は青ざめていたが、立ち上がった。



「いきなり何しやがる!てめぇ、ナメんな!」



不良は叫びながら拳を繰り出したが、相手はいとも容易くかわして、不良の腹に1発喰らわした。



不良全員を倒してから、今度は僕の方にやって来た。



僕は逃げようとしたけど、体が重くて動かなかった。



「非道いな。大丈夫か?」



心地良い声に安心したのか、僕は気を失った。






[*前へ][次へ#]

20/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!