[携帯モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
コンビニ 3


学園を出て右に行くとコンビニがある・・・はず。



如月君の言う通り右方向に歩いて行くとコンビニが見えてきた。



駐車場のスペースが広くて、そこに鳳凰の生徒達が何人かいた。



僕はコンビニの中に入っていき、部屋に必要な物を探しに回った。



洗剤とスポンジ、それから・・・布巾も要る。



あっ。



棚を見ると歩くのを止めた。



棚に可愛らしいマグカップが置いてある。



子犬の絵が描いていてボールと遊んでいる。



僕はマグカップを手にとって考えた。



久我山が今までどんな生活を送っていたのか分からないけど、何もなくてもやっていけたんだ。



要らないよね。



・・・。



僕はマグカップを棚に戻した。



棚を通り過ぎると後ろ髪を引かれるような気がしたけど、振り切って歩いた。



後はお菓子やジュースを買おう。

パンも買っておこうかな。

夜食用に♪



コンビニに置いて無いものは、土曜日に街に出て買いに行こう。



取り敢えず、生活必需品は買ったから土曜日までの4日間は大丈夫!



コンビニを出ると、さっきまで外にいた連中はいなかった。



周囲を見るとコンビニが3つもあった。

いずれも店の名前は違うけど。

それにファミレスも。

田舎なのに意外とお店があるんだぁ。



僕がボォーッとして立ち止まっていたら、ドンと誰かとぶつかった。



「きゃっ」



わっ!

女の子とぶつかったみたい。



僕は後ろを見て、女の子に謝ろうとした。



そうしたら、その子は顔を上げて僕に謝ってきた。



「ごめんなさい!前を見てなくて。大丈夫ですか?」



「う、うん大丈夫。君は、怪我とかない?」


「はい!」



僕はその子の可愛らしさに思わず顔が赤くなった。



なんて小さく可愛い子なんだろう。

中学生ぐらいかなぁ?



「あのぉ、高等部の方ですか?」



「そ、そうです。」



小さな可愛い子は満面の笑顔で。

「僕もです!」

と言った。

その瞬間僕は一気に青ざめた。

お、男の子?

こんなに可愛いらしいのに?



「僕、1年生の紫藤 奏って言います。あなたは?」



「僕も1年生で名前は柊木 領です。」



「わぁ、同じ1年生なんだぁ!よろしく!」



可愛らしい子は嬉しそうに言って僕に微笑んでくれた。



「こちらこそ。」



僕も笑顔で返した。



「それじゃ僕、買い物があるので。」



「うん。」



僕達はその場で別れた。



紫藤君は一度此方を振り向いてから、もう一度笑顔を見せてくれた。

友達になれそうだ。

僕は嬉しくなって寮へと帰って行った。






[*前へ][次へ#]

15/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!