[携帯モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
コンビニ 1


道に迷った・・・?

確か外に出るにはこの1本道のはず、なのに。

僕は頭を抱えた。



思えば・・・。



寮長の部屋を出て、一目散に走っていたから1本道を外れたのかも。



寮長があんな冗談を真顔で言うから、体がむず痒くなって勝手に足が動いていたんだ。



男前なのにからかうのが好きなんて趣味が悪いよぉ。



はぁ。



頭も足も疲れて来ちゃった。

足を止めてひと休みしていたら、林の中からガサガサと音がした。



な、なんの音ー!?

まさか、熊とかいるわけじゃないよね?



今の季節冬眠中だけど・・・。



ザザッー!



林の中から出てきたのは、茶髪で目付きの鋭い恐そうな人だった。



あっ、目があった。

ふ、不良だ!

逃げたいけど足が震えて動かない。

茶髪の不良が腕をあげたのを見て、僕は目を瞑った。

殴られる!



ん?



いつまで経っても殴って来ないので、僕は瞼をうっすらと開けてみた。



すると茶髪の男の顔が目の前にあった。



「うわぁー!」



僕はびっくりして、とんでもない声が出てしまった。



茶髪男はケタケタ笑って、愛想良く話しかけてきた。



「何でこんなトコに入るのぉ?」



僕は茶髪男の間延びした話し方に何だか力が抜けて、素直に喋りだした。



「コ、コンビニに行こうと寮を出たら、道に迷ってしまって・・・。」



「寮?中等部から?かなりの距離を歩いたんだなぁ!偉いぞ♪」



茶髪男は僕の髪をワシャワシャして誉めてくれた・・・。



「ち、違います!高等部の1年です。」



茶髪男は目を真ん丸にしてから、手を僕の頭に乗せてから自分の肩に持っていき身長差を示した。



「うっそぉー!こんなにチビなのに俺より1コ上なのぉ?シンジラレな〜い!」



今度は僕が目を真ん丸にした。

この大きい茶髪男が、中等部?

どうして最近の中学生は発育が速いんだろう?

龍弥君も大きかったし。

僕も早く身長が伸びて欲しいなぁ。



「んで、高等部から何で迷うのぉ?1本道なのにぃ?」



「あ、あの考え事をして歩いていたら、いつの間にか迷っちゃってて。」



「あー!そうなんだ?じゃあ僕ちゃんが連れてってあげますからねぇ。手つなごぉ♪」



中等部の茶髪男に子供扱いされてるぅ〜。

悲しいけど、この場所から元の道に戻ることを考えると、彼は必要だ。

仕方ない。

僕は手を繋いだ。






[*前へ][次へ#]

13/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!