[携帯モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
寮長 4


魅入るぅ?

寮長のような男前が僕みたいな平凡な顔に??

どうしてだろう?

もしかして、あまりにも平凡過ぎて珍しいとか?



「柊木は不思議な奴だな。取り立てて目立つような所はないのに人を惹き付ける。」



僕は目をパチパチしばたかせた。

人を惹き付けるなんて初めて言われちゃった。

小学校や中学校、前に居た高校でも地味で普通だって、仲が良い友人に言われてたから。

なのに寮長は全く違うことを言う。



「そんなに驚くなよ。まぁ、そんな表情も可愛いらしいけどな。」



男らしい顔が笑顔で満面になり、僕は格好いいなぁって思いつつも、恥ずかしくなった。



「柊木、困った事や分からない事があれば、いつでも相談に乗るから俺を頼って来いよ!。」



「はい、ありがとうございます!」



僕は嬉しくて元気良く返事をした。



そしたら寮長はまたまた笑った。



「元気の良い奴は好きだぜ!」



それから一時間ほど寮長と話をした。

専ら祭りの話題になったけど。

寮長はいろんな所へ出掛けて、祭りを楽しむらしい。

実家でも神輿を担いでいるそうだ。

でも村の祭事は一般客は観れないとの事。



「柊木なら連れてってやりたいが、余所者は駄目なんだ。俺と結婚でもすれば別だけどな♪」



「けっ、結婚〜!?」



寮長はニカッと笑って僕にウインクした。

僕はきっと茹でた蛸のように顔が真っ赤になり、顔から湯気が出ていたに違いない。

冗談だって解ってるのに照れてしまう!



「ハハハ、完熟トマトよりも真っ赤だぞ!柊木、お前はやっぱり可愛いよ!」



も、もう!

寮長の意地悪!

男の僕を可愛いとか冗談でも言うなんて。

言われ慣れてないから、どう切り返していいか解らないじゃないか。

僕は拗ねて口を尖らせた。



「ハハハ、怒った顔も可愛いぜ!」



寮長のバカ!



「おっと、1時間ぐらい喋っちまったな。柊木、コンビニに行くんだったな。悪いな引き止めて。」



「あっ、いえ、ジュースごちそうさまでした。」



僕は立ち上がり、お礼を言った。



「これぐらいならいつでもご馳走してやるよ。」



寮長も立ち上がって玄関まで着いてきてくれた。



部屋から出ようとしたら、寮長が後ろから抱き締めてきた。



えっ?



「柊木の身体、抱き心地良いな。」



ど、どうすれば?

頭がパニックになって状況がつかめない。

固まっていると寮長は僕をパッと離してくれた。

そして爆弾発言をした。



「柊木、俺のこと好きになっても良いからな。」



真剣な眼差しを向けられて僕は何故か、その場から脱兎の如く逃げ出した。






[*前へ][次へ#]

12/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!