[携帯モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
寮長 3


「そう言えば、外出するんだったな?何処に行くんだ?」



寮長が部屋にカードキーを挿し込みながら聞いてきた。



「あの、コンビニに行きたくて。」



寮長は僕を見てから、笑い出した。



「あはは!柊木、お前可愛い奴だなぁ!コンビニには急いで行く用事はないんだろう?俺の部屋に寄ってけよ。」



ウインクしながら寮長は言い、僕は好奇心がわいて部屋の中に入った。



寮長の部屋は広くて、応接室まで配備されていた。

そしてやはり豪華で、何処かの社長室みたいだった。

でも、人柄だろうか、簡潔にまとめられていて、嫌味がない。



寮長は戸棚に工具箱を終ってから僕を自分の部屋に通してくれて、その部屋に僕はビックリした。

だって法被が、色んな地域のお祭りの法被が壁中に飾られていたんだ。



わあー!

凄いなぁ!

こんなに集めているなんて、寮長はお祭りが好きなんだ。

あっ、これは青森のだ、こっちは大阪の喧嘩祭りって言われてるのだ!



僕が部屋を不躾に見回していると、寮長が嬉しそうに言った。



「祭りが好きなんだ♪柊木、適当に座ってろ。何か飲むか?」



「え、あ、か、構わないで下さい。すぐに失礼しますから。」



遠慮がちに言うと、寮長は子供を見る親のような優しい眼差しを、僕に向けた。



「遠慮すんな、って言ってもオレンジジュースか牛乳しか無いけどなぁ。オレンジで良いか?」



「は、はい!」



寮長はジュースをコップに入れて、テーブルに置いてくれた。



「寒くないか?寮全体に暖房を入れてはいるんだが少し寒いだろ?俺が暑がりなもんだから、この温度で調節してるんだが。この部屋に来る奴は大抵寒いって言うからな、床暖房入れようか?」



「あ、その、お願いします。」



寮長は僕の頭をポンポンとしてから、部屋の隅にあるコードをコンセントに差し込みスイッチを入れてくれた。



さっきまで冷えていた足下が段々と温かくなってきて、体がポカポカしてきた。



「ありがとうございました。」



お礼を言うと、寮長は頬杖をつきながら僕を見つめていた。



僕は寮長の視線に居たたまれなくなってうつ向いてしまう。



「あ、あのぉ?僕の顔に何か付いてますか?」



寮長はハッとして、頭を上げた。



「あぁ、すまない。柊木に魅入ってた。」






[*前へ][次へ#]

11/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!