[携帯モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
寮長 2


何の反応もない。



ずっと頭を下げている訳には行かないから、勇気を振り絞って頭を上げた。



声の主を見上げると、それはそれは背の高い男前が立っていた。



短髪でキリッとした目元、鼻筋が通ってて引き締まった口元、筋肉質の体躯。



半袖を着た肩に担いだ工具箱が、思いっきり似合ってる。



男の中の男、兄貴って感じだ。

カッコ良い〜!



僕がずっと憧れの目でキラキラと見つめていたら、男前の人はウンザリしたように首を振った。



「何か用か?」



「えっ?」



「俺の部屋の前にいるだろ。」



不機嫌丸出しで男前が僕の立っている部屋を指差した。



寮長室。



そうだった!

じゃあ、この人が寮長なんだ。



「あ、あの、外出するので許可を貰いにきたんですけど、さっき本庄さんに教わったので、部屋から外出標をメールします。」



照れていたので、伏せ目がちにそう言って、ペコッと頭を下げた。



寮長は僕をじっーと見下ろしていた。
そしてふと、思い出したように話しかけてきた。



「お前かぁ!新入りってのは。ふーん。」



寮長は僕を上から下までじろじろと見てきた。



わっ。

こんな男前に見られたら照れてしまうのと同時に、同じ男なのにこうも差があるから少しばかり劣等感が沸いてくる。



「久我山と話したか?」



「えっ?え〜と。ほんの少し。」



「そうか。お前の名前、柊木だったかな?」



「は、はい。」



寮長はさっきまでとは打って変わった優しい態度で話してくれた。



「久我山と同室は大変だろうけど、あいつは根が良い奴なんだ。不良を気取ってて怖そうに見えるが、普通に接してやってくれないか。」



僕は寮長を困惑気味に見た。

久我山のこと、またもや頼まれちゃった。

あいつって結構信頼されてるんだ。



で、でも変態だし。



すると寮長は僕の思っていることを察したのか。



「大丈夫!」



「な、何がですか?」



「柊木は久我山の好きなタイプじゃないし、嫌いなタイプでもないから、襲われたり殴られたりすることはない!」



自信満々に寮長は発言した。



誉められたのか、けなされたのか理解に苦しむんですけど・・・寮長。






[*前へ][次へ#]

10/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!