[携帯モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
ランチ 4


ふんわりふわふわ。



美味しそうなオムライス。



僕は卵の中央部分をスプーンで切り目を入れる。



トローッと半熟の卵が流れて来る。



うう〜、この感じたまらない♪



一口食べてみると、美味しくて頬が落ちそうになった。



「美味そうに食べるなぁ。俺っちにも一口頂戴!」



河上君がお箸を加えながら僕に言った。



「うん。ホントに美味しいだもん!」



僕はオムライスをスプーンに乗せてから、河上君の口元に持っていった。



河上君は口に入れていたお箸を出してから、スプーンにかぶり付いた。



モグモグモグ。



「ウメェ!領、俺っちのも食ってみろよ。」



河上君が頼んだのは、ハンバーグ定食。

ジューシーな肉汁が肉の旨味を現している。

パクッ。



「美味しい♪次はハンバーグ定食にしよう!それにしてもここの食事、最高だよ!毎日食べれるなんて幸せ♪」



なんて僕が言うと、河上君も。



「そうだろう♪俺っちもこの学園で唯一好きなのが食堂だもんな!とにかく美味い!」



って言ってくれた。

僕達2人が仲良くご飯を食べていると、田嶋君と一之瀬君は物欲しそうに僕達を見ていた。



「どうしたの?」



僕は気になったので聞いてみた。



「わいにも、あ〜ん♪」

「俺にも!」



2人が口を開けて待っていた。



僕は2人の為にオムライスをスプーンに乗せていたら、河上君がテーブルから身を乗り出して2人の頭をボカッと殴っていた。



「オメェら調子乗ってんじゃねぇよ!大体、康太はオムライスだろ!」



「てへ♪」



「ウゲェ〜。何がてへだよ。気持ちワリィ。領もこいつらにやんなくて良いからな!」



僕は笑みを溢していた。



「「領?」」



「えっ?あぁ、3人仲が良いから羨ましいなって。」



河上君達は僕を見た。



「領も仲良しだぜ。俺は領のこと大好きだからな!」



僕は真っ赤になり、俯いた。
河上君はストレート過ぎるよ!



でも嬉しい!



「わいも大好きやで!」
「俺も!」



も〜!

田嶋君も一之瀬君も照れるようなことを、何でさらりと言えるんだろ?



「ありがとう。」



僕はボソッと小さく言った。



こんなに良い友達に出会えて、僕は本当に幸せだ。



神様ありがとう。






[*前へ][次へ#]

8/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!