[携帯モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
久我山 蓮人 4


久我山はショックを受けたみたいに呆然としていた。



でも、変態!って言った言葉は訂正しないから。



僕の方がショックなんだ。



久我山の事、見直し始めてたのに。



「悪ぃ。俺、そんなつもりじゃあ・・・。」



「じゃあ、どんなつもりだったの?」



僕は見構えた。
久我山にとっては、僕なんて相手にならないだろうけど。
僕も男だ!
少しは抵抗出来る!
・・・はずだ!



「悪ぃ・・・。その、なんだ、つい癖で。」



久我山は、見るからにショボンと小さくなっていった。



うっ。
本当に子犬みたい。
例えるならば、ヨークシャー・テリア。



フサフサのストレートの髪が顔にかかって可愛い。



そんな様子はとても不良には見えない。



僕は自分が悪いような気になって久我山に謝った。



「久我山、ごめん。言い過ぎたかも。」



「えっ?お前が謝るこたぁねぇよ。」



久我山があわてて僕に言った。



そして溜め息を吐いた。



「俺、今まで・・・他人に嫌われた事ないから、昨日はマジでショックだった。」



久我山は淡々と語っていった。



「しかも吐かれるぐらい。俺、いつも周りからカッコ良いだの美形だの、ちやほやされてたから、柊木みたいに敬遠されたの初めてだった。」



久我山・・・。
さりげなく自慢してるの?



「体つきもsexyだって言われるし、sexも凄く巧いって。不良だけど、人当たりも成績もいい。結構今まで思い通りに生きてきたんだ。」



なんか、段々ムカついてくるのはどうしてだろうか?



「今も指にキスしたら、大抵の奴は真っ赤になって俺に惚れるんだ。」



僕が据わった目で見ていると、久我山が頭を振った。



「珍しい奴だ。」



ははは・・・。
久我山の方が珍しい奴だと思うけど。



久我山はソファーにゆったりと腰をかけて、僕を見た。



「地味なんだよなぁ。」



うっ。
久我山、僕にケンカうってるのか?



「でも・・・。」



久我山は言いかけた言葉を引っ込めた。



僕は気になったけど、久我山の事だからロクでもない事を言いそうだったので、聞かなかった。



「久我山、コップを片付けてもいい?」



「あ?あぁ。」



久我山が何か言いたそうに僕を見つめていたけど、無視してコップを水洗いした。
洗剤が無かったのだ。



足りない物が多いなぁ。
よし!
後で買いに行こう!






[*前へ][次へ#]

4/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!