[携帯モード] [URL送信]

鳳凰の宮学園
久我山 蓮人 3


僕は久我山と向かいに座ってお茶を飲んでいる。



龍弥君や河上君達が知ったらどんな顔をするだろう?



「お前さぁ、俺の事見て、気持ち悪くならないの?」



突然久我山が切り出した。



「えっ?なんで・・・あっー!」



久我山が耳を塞ぐくらい、大きな声が出た。



「な、なんて声だよ。よくそんな大きな声が出るな。」



僕は恥ずかしくなって俯いた。



久我山が悪いんだ。
昨日の事を思い出させるから。



「んで、どうなんだよ。昨日、そのぉ、生で見ちまっただろ?」



思い出すと気持ち悪くなる。



僕が童貞だからだろうか?



sexに夢を持ちすぎなのかなぁ?
好きな女の子と愛し合って、その後・・・。



僕は真っ赤になるのが解った。



だから、あんなに生々しいとは思わなかった。



はぁ。
溜め息がでた。



「悪ぃな。」



久我山がバツが悪そうに誤る。



そんなにシレッとされると・・・。
なんか子犬みたいで可愛い。



僕は久我山の顔をマジマジと見た。



うわぁ。
昨日は目付きの悪い不良だと思ってたけど、こうやって真正面から見てみると、かなりの美形だぁ。



親衛隊が出来るのが解る。



はっ。
あんまり近付かない方がいいって言われたっけ。



でも、同室者だしお茶を飲むぐらい良いよね。



「柊木、お前、何クラスなんだ?」



「Sクラスだよ。久我山は?」



「俺はX。」



へぇ。
Xなんだ。



あれ。
Xって、不良クラスだ。
それなのに親衛隊がいるんだ。



久我山ってモテるんだなぁ。



僕は感心して久我山を見つめた。



「柊木、そんなに見つめられると、襲いたくなるんだけどな。」



お、襲う?
殴るって事?



僕は思考がストップした。



そして目まぐるしく頭の回転が速くなって、椅子から立ち上がった。



その時、お茶が零れて僕の指にかかった。



「あつっ!」



すると咄嗟に久我山が僕の腕を取ってキッチンに連れて行き、水で冷やしてくれた。



「大丈夫か?」



「う、うん。ありがとう。」



しばらく水で冷やしていたら、久我山がポツリと言った。



「ほっせぇ腕だな。」



そう言ってから指にキスをしてきた。



僕はビックリして、指を離した。



そして久我山に怒りがわいてきた。



「離せ!変態!」






[*前へ][次へ#]

3/68ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!