[携帯モード] [URL送信]

向日葵の君
優しい人3

真選組屯所に茜がやって来て、もうじき一ヶ月。
茜は屯所内を動き回るうちに、土方の足跡が何となくわかるようになってきていた。

煙草の匂いが強く残っているのは、さっきまでそこに土方がいた跡。
襖の隙間から煙が漂ってくるのは、大抵その部屋に土方がいる印。

彼の気配がする襖を開ける時は、いつもほんの少し緊張してしまう。
それは決して彼が怖いからではなく、むしろ顔が見られるだけで嬉しいからだった。

他の隊士達といる時の土方は、気軽に声をかけてくれる隊士達をよそに、素知らぬ顔で煙草を吹かし横目でチラリとこちらを見るだけ。
けれど一人でいる時は、いつも茜に何か用を頼んでいく。
今も頼まれたお茶を届けに行くと、筆を取っていた土方は手を止め話しかけてくれた。

「足首はだいぶ良くなったみたいだな」
「はい。お蔭さまで痛みもなくなりました」

捻って痛めていた足はここ数日ですっかり良くなり、引きずって歩くこともなくなってきた。

「そうか。良かったな」
「はい……」

怪我が治れば行き先を決めなければならない。
けれども未だにはっきりと答えは見つかっていなかった。

「あれから考えてみたか?」
「はい。よく考えてみて……ここに置いていただけるなら、そんな幸せなことはないなって思います」「そうか」

土方の目元が一瞬だけ緩む。

「ただ……中には快く思わない方もいらっしゃるんじゃないかって、それだけが不安なんです」

土方の好意で助けてもらっただけの自分が、本当に此処にいてもいいのか。
何かあれば土方の立場が悪くなるんじゃないか。
茜が一番悩む理由はそれだ。

「関係ねェだろ。単に俺は仕事を世話してやるだけだからな」

土方は煙草を灰皿に押し付けながら、事もなげに言う。

「土方さんの迷惑になりませんか?」
「迷惑になるなら最初から相手にしねェよ」

土方はちらっとだけ茜を見て、少し面倒そうな声を出した。
だけど口元は微かに綻び、手は所在無さげにライターを玩び出す。
恥ずかしがり屋の少年のような土方の仕草に、こっちまで照れくさくなった茜は、次の言葉が思い浮かばず話を変えた。

「あの、お茶のおかわりは?」
「ああ、もういい」
「わかりました。じゃあこれ片付けますね」

笑顔を作り、湯飲みに伸ばした腕に、突然土方の腕が伸びてきた。

「な、なんですかっ!?」

驚いた茜の声が裏返る。

「危険な目に合わせたくねェんだよ」
「え……?」
「此処にいれば安心だろ? 俺の目も届く」
「……」

思いがけない言葉に土方を見ると、真っ直ぐな瞳と視線がぶつかった。
勘違いするなと言うのが無理と思えるような言葉だが、土方の表情からは言葉以上の意味を感じ取ることはできない。
縁あって出会った自分のことを、心から心配してくれている。
それだけは、はっきりと伝わった。

ただの子供扱い。そうとしか思えない。

「あの、手……痛いです」

触れられた手首から身体中が熱くなって苦しい茜は、本当は痛くないのに嘘をついた。

「ああ……悪かった」

戸惑う茜に慌てて手首を離した土方は、煙草を取り出すとさっきから手の平の中に握らているライターで素早く火をつけた。
その一連の動作を茜が黙って見つめていると、土方はフーッと煙を吐き出すと同時に何故か小さく鼻で笑った。

「どうかしましたか?」
「いや、何もない。悪い」

なに必死になってんだ、俺は。

土方は途切れた口調で何故だか謝り、灰皿に灰を落とす。
思い出し笑いのような、自嘲じみたような、心当たりのない土方の笑いに茜はその真意を探りたくなるが、思い直した。

土方の言葉だけでなく表情や仕草までを意識し始めたら、もうこれまでのように話せなくなってしまうだろう。
そしてこの時初めて、此処にいたいのだと、土方の近くにいたいのだと自覚した。

「土方さん」
「ん?」
「私を此処で働かせてください。しっかり働きますから」
「本当か!?」

驚いた土方は自分で吐き出した煙に小さく咽せて咳込み、その様子に茜は思わず吹き出しかける。

「よろしくお願いします」
「ああ。俺から話通してやるから、まぁ頑張れ。お前なら大丈夫だろ」
「はい。色々と良くしてくださって、本当にありがとうございます。」

もう普段通りの調子に戻り、少し素っ気なく話す土方に笑顔で頭を下げ部屋を後にした茜は、廊下に出るなりひとつ息をついた。

悲しいこと、苦しいこと、辛いこと。
それらをやり過ごすために作り笑いばかりしていたけど、これからは気持ちを隠すために笑顔を作ろう。
少しでも長く彼の近くにいられるように。

[*前へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!