[携帯モード] [URL送信]

向日葵の君
待つ人6

あれで通じねェのかよ。

煙を吐き出して一呼吸置くと、今度は笑いが込み上げてきた。

いや、待てよ?
俺も流れだけで口走ってねェか?

これからも危険な仕事がないわけではない。
それでも大丈夫かと改めて確認したかっただけで、端からプロポーズしようなんて考えていたわけではなかった。
けれど話しているうち、茜のいない未来が考えられなくなってしまったのだ。

これからも、「ただいま」と帰る場所には茜がいてほしい。
こりゃプロポーズだと自分でも思った。
そして、そう受け取ってくれて構わないとも。
それがこうも通じないとは。

「何笑ってるんですか?」
「いや? 別に」

込み上げる笑いを指摘された土方は、わざとらしい咳ばらいでごまかそうとする。

「嘘。何かあるんでしょう?」
「ねェよ」

ったく、肝心なとこでは鈍いくせに。
土方は胸の内でそうぼやきながら煙草を消した。

「今度の休みはどうしようかって考えてたんだよ」

咄嗟に口にした言い訳に茜の表情が華やいだ。

「どっか行きたいとことかあるか?」
「とくにはないですけど……あ! 桜が咲いたら、この間の公園に連れて行ってほしいです」
「ああ、あそこか」

茜が微笑み頷く。

「桜はもう少し先だな」
「そうですね、まだ二月ですもんね」
「あっという間だろ。きっと」

少し先の約束は、未来の茜をこの手に引き寄せたようで悪くない。

「楽しみだな」
「そうですね……」

やわらかく微笑む土方を見ていると、改めて無事で良かったと茜は胸に込み上げてくる。

離れたくない、ずっと側にいたい。
いつもはぐっとこらえているが、せめて今日くらいはわがまま言っても大丈夫だろうか。
少し迷ってから茜は息を吸った。

「あの、私……明日、休みいただいてるんです」
「ちょうど良かったな。心配して疲れてるだろ」
「はい、そうなんですけど。あの、今夜はこのまま、一緒にいてもいいですか?」

え、何? …え!?

茜の言葉に驚く土方は、テーブルに肘をついたまま固まった。
茜を見ると真っ赤になって俯いている。

ああ、そっか。
普通に考えりゃ不安だったんだよな。

しばらくずっと会うこともできなかったのだ。
こんなことを先に言わせた自分の方が格好悪い。

「茜」
「はい」

茜は恥ずかしそうに顔を上げた。

「俺も最初から帰すつもりなんてねェよ」

少し素っ気なく聞こえる声は、ただの照れ隠しだ。
普通にしていると、それだけでも凍えてくる季節。

「寒ィからこっち来い」

風呂上がりの土方はくしゃみが出たついでに、ちょうどいいタイミングだと茜を隣に呼んだ。

[*前へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!