[携帯モード] [URL送信]

向日葵の君
鈍い人2

「なぁ茜」
「はい…?」

土方の腕の中で後悔を強くする茜は、不意に改まって名前を呼ばれ恐る恐る返事する。

「そろそろ休憩ん時じゃなくても、お前に会いてェんだけど」

いつもより更にワントーン低めの声に、心臓がトクンと音を立てた。

「あの……はい、また休みが会えば」
「そうじゃねェよ」

左手の煙草を消し、茜を抱いていた右腕を下ろす。
改まって二人は正面で向かい合った。

「意味、わかるか?」

茜の両手首を掴んだ土方は、出来の悪い教え子を相手するような口調で瞳を覗き込む。

「……」

土方の言わんとするところを朧げながら理解できているのだが、どう言葉にして返せばいいのかわからず茜は黙ってしまった。

「夜、待ってる。なるべく見つからねェように、ここに来い」
「もし誰かに見つかったら?」
「そりゃしょうがねェな。構やしねェよ」
「……」

少し遅れて朧げだった答えが一気に鮮やかになり、茜は真っ赤になった。

だけど、この現実感のなさといったら何だろう。
いつになれば土方さんの気持ちに確信を得られるんだろう。

「茜?」
「はい。あの……心の準備ができたらちゃんと行くんで、待っててください」
「……」

少しの間を置いて、珍しく土方が笑い出した。

「どうして笑うんですか?!」
「いや……だってお前、ちゃんと意味通じてんだろ? 心の準備できたら行くって、普通口にするか?」
「え、だって。」

「どんなことでも心の準備は必要ですよ」と呟く茜に、再び土方は笑い出す。

「まぁいい。今度お前が来るときゃ、ちゃんと心の準備もついてんだろうからな」
「……」

「そろそろ仕事に戻る」と、土方は何か言いたそうな茜の肩を二度叩いて立ち上がった。
茜は慌ててテーブルの上を片付け始める。

「それじゃ失礼します」

恥ずかしそうな様子で部屋を出て行く茜を見送り、土方は緩む口元に新しい煙草を突っ込んだ。

「っと、おもしれェ女……」

ムードも流れもあったもんじゃねェ。
いや、俺もそういうのは実際苦手だが。

けれど茜相手なら気持ちが楽になる。
カッコつける自分が馬鹿馬鹿しく思えてくる。

昨日の今日だ。気まずくならず笑えて良かったと、土方は満足気に煙を吐き出した。
茜の本当の気持ちには気付かずに。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!