[携帯モード] [URL送信]

短編小説
12
とりあえずジェットコースターから降りた後は近くのベンチで一休みした。



美「はぁはぁ…」

春「大丈夫か?」

美「大…丈……夫」



いや顔はめちゃくちゃ大丈夫じゃないよ。本当に負けず嫌いなんだから。少しは素直にならないのかね。



そんな中俺はちょっとばかしイタズラがしたくなり次に行ったの…




美「ギャアァァァ!!!!!?」



断末魔も驚くような悲鳴を上げ泣き叫ぶ美幸。



ここは夏場じゃちょっと冷え込む遊園地の定番中の定番『お化け屋敷』である。


イタズラも過ぎるとかなり罪悪感が残るが、



美「いや〜!怖いよ〜!!」


大粒の涙を浮かべて美幸は俺の体に密着している。


やっぱり罪悪感が残るが美幸には悪いが得した気分…だけどこのままにしとくわけにはいかないので慰めてやった。



春「ほら怖くないよ」

美「本当に?」

春「しっかり掴まってろよ」

美「うん!!」


って言うが早いか美幸は俺の体にべったりくっついているが、如何せん力が強いものだから逆に俺が怖くなってしまった。





[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!