[携帯モード] [URL送信]

短編小説
11
そして、遊園地に付き今しがたゲートを潜り抜け、案内板の目の前にいる。



春「さて何処から攻めようか」


遊園地のアトラクションを攻めると言うのはちと可笑しいだろ(苦笑)


春「美幸何処から行きたい?」

美「えっ…いきなり言われてもその…」

春「ん?」

美「笑わないでね」

春「あぁ笑わないけど何が?」

美「私…遊園地来るの初めてなの」


ほう、初めてなのか〜……ってなんですとぉぉ!?


春「マジ?」

美「うん…」



美幸って箱入り娘なんだなぁっておもっちまった。聞けば普段は別に普通の女子高生と言うが、遊園地なんて来たことないとは初耳だぞ。



春「参ったなぁ…しょうがねぇ俺が今日1日飽きないよう遊園地と言う物を教えてやろう!」





んでおっ始めからジェットコースターに乗ってみたが…



美「いっやぁぁぁぁぁ!!!!高い!回る!怖い〜!!!!」



めちゃくちゃ普通の女の子のようなリアクションだ。箱入り娘もただの女の子にはかわりないか…




[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!