[携帯モード] [URL送信]

短編小説

今まで生きてきた中で俺は何人もの女の子から告白されただろう…



正直言って俺は色恋沙汰には無縁かと思ってた。いや俺には似合わない。何より無愛想で女の子に興味なんてなかった(そっちのけはないからな)。



だけど…そんな俺に転機が舞い降りた。今までにない衝撃を受けたから。



女の子に興味の意図も見せず無愛想に振る舞ってた俺になんと…許嫁が出来たから。ただの許嫁じゃあない。俺が…この俺が惚れちまった女の子が…俺の許嫁になっちまったからだ!!







出会ってから4日目も経った。昨日は花火をやった。今日は何をしようか?ふとベッドにねっころがって天井を見ながら考えてみた。


考えてたらつい昨日の“アレ”が浮かんできた。



昨日のアレはどう見てもキ…



春「って何考えてんだよ俺!!そうじゃないだろ!!」



危うく当初の目的を忘れる所だった。でもやっぱり昨日のアレは衝撃的だったなぁ…



春「あぁ…なんか……ね…む……zzZ」



っと考える間もなく寝てしまったのだ。







[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!