[携帯モード] [URL送信]

短編小説

俺の夏祭りの始まりは、本の些細な出来事から始まった。



いや、本の些細な出来事と言うより大事だろう。



そんな大事とは、今起きている。




「あっはっはっはっはは〜!!」


和室に二人の年寄りの大きな笑い声が響くなか、俺は何故かそこにいた。



そしてもう一人、俺の目の前に女の子が座っている。


「いや〜それにしても久しぶりだなぁやっちゃん」

「そうだなぁ、10年ぶりか?」

「あっはっはっはっはは〜!!!」


今から1時間前の事…



俺は夏休み初日いきなり俺が通う高校に呼び出された。しかも校長室に!!



でっ…



「お前に紹介したい人がいる」


っと校長…俺の祖父がそう言った。



忘れていたが俺の名前は前橋春樹(マエバシハルキ)。普通の高校生で、祖父が高校の校長なだけでだ。



でっ…案内された料亭について今に至る。



つまり何が言いたいかと言うと、俺の知らないところで勝手に……お見合いが始まってしまったのである!!!!



春「かったる…」



[次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!