[携帯モード] [URL送信]

うさぎの初恋
◆06.旧校舎。

 『親衛隊』…公ではないものの水面下で発足されているソレ。

 一応、人気者にできるのは世の鉄則として、それが俺達生徒会にも当てはまるのは、仕方がないのだろう。

 俺をはじめ、副会長である長耳、あと、会計&書記も家柄花丸、容姿花丸、成績花丸………総合、大変よくできましたっという感じなのだから、あるのも当然なのかも知れない…。

 俺をはじめ各生徒会役員は、親衛隊を確認している。←認めてはいない。

 きちんと管理できているかと言われれば、「はい」と素直に返事ができないのは、親衛隊が奇人変人の集まりと認識しているからだろう。



 親衛隊は、なぜか部や同好会とともに活動している。

 と、言っても、英修は部活動より勉強を重んじる高校であり、部として活動しているのはわずかだ。

 そのため、奇妙な同好会が多数あるが、まじめに活動しているのは、不本意ながら親衛隊が所属する同好会ばかりだ。

 ちなみに、部として認められているのはごくわずかであり、運動部などは1回戦敗退常連校だ。

 ならば、文化系はどうか?と聞かれれば、これまた、そんなものなどセンター試験の問題を解いていたほうがいいという生徒ばかりで、ぱっとしない。

 おかげで、英修は部より同好会の数が多いという現象が出来上がり、体育館やグラウンドなどなぜか閑散としている。←本当にここは高校か?

 そして、奇人変人の集まりの親衛隊…もとい、その部室及び同好会室は、旧校舎にある。






 旧校舎………実は、旧校舎っと言いつつも、それほど年月が経っている訳ではない。

 面積そのものは、一学年3クラスだったということもあり大きくはないが、外観は洋館を思わせる、こちらも白を基調としていて、アクセントにパステル調を加えている分、現校舎より可愛く見える。

 この建物が建築された当時は、まだ根強い『上流階級で優秀な生徒だけがここに通える』という学校方針があったのだが、それも数年で、『優秀であれば、階級問わず』の方針に変更されたことから、建て直されることとなった。

 ということで、この旧校舎は本来壊されるはずであったことを強く記しておく!



 旧校舎は現校舎のすぐ裏手にある。

 別に旧校舎と現校舎の位置は、取り壊すことには問題がなかったのだが………解体作業を開始した途端、問題が発生した。


[*の後退]の前進*]

7/43ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!