私は此処に残る


棺の中では
嘯く言葉も必要無い
空がとても早い
一切が
私を取り残す

かみさまにさえ忘却され
(ごめんね何も知らなくて)

ひしゃげた蛙
泥のように
目玉をとろかす
私 に触れる私 が在れば
大抵のことは満足だ。

落下する意識と引き換えに躰が浮遊する
刹那の
私はもう長いこと
ずる休みをしている。



私は此処に残る
(私は此処に居る)





[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!