知らず悪寒する昼下がりに


ごうごうと風がうなって
何かの果てみたいな風景
その色を抽出して
僕はカンバスを塗りつぶす

極論に走らなくても
ただ甘受してるのがリアル
打開できないのはなぜだと思う?

逃げても
それしか明日を得る手段がないなら
考えなくちゃ
虚構の耳鳴りから静寂の騒々しさへ

浅ましく繰り返した後、
また生まれ落ちた
剥離するように夢から覚めていく





09/0306





[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!