[携帯モード] [URL送信]

ロストウォーリア短編
秘密の行為【杏唯/30歳杏兄×18歳メグ】*
「んっ、ダメだよ杏兄…」
「大丈夫だろ、俺たちだけの秘密にしていれば」
抵抗する弟を諭し、堕としていく。ダメだと判っていても止められないのだ。
俺たちは今、秘密の交際をしている。絶対に許されない、禁断の恋と言うものを―。

「本当に…ここでするの?」
俺の部屋にある大きなベッドを指して言う唯。ホテルまで行っての行為が俺たちにとっての「普通」であるため、少し躊躇っているのだろう。
「ああ。今は兄貴もお袋もいないし大丈夫だ」
2人は俺たちの交際を知らない。もしも知られてしまったら、反対されるのはもちろん、下手したら家を追い出されるだけではすまない。そのため自宅で身体を重ねることはなかった。
それなら、と納得した表情を向ける唯。
「じゃあ…いいよ。いつもみたいに、好きなように襲ってくれればいいから」
「あ、ああ…わかった」
いつものように…。普段は意識していないのだが、そう言われると困る。
しかし、紅い顔で待ち遠しそうにする弟を見て、迷いは吹き飛んだ。
顔を近づけて、唇を軽くつける。俺の肩に腕を回してきた唯の口内を表面から奥へ奥へと責める。
「んっ…ふ、んぅっ…」
水音を立てながら侵食していく感覚が心地よく、さらに深くまで…と思ったが、唯がむせたので顔を離した。
「げほっげほっ…は、激しいっ…」
「でも、嫌じゃないだろ?」
「う、うん…もっと、してほしいの…」
甘えた声で言われると断れない。すぐさま唯の纏うものをすぺて取り去りベッドに押し倒した。
「ひゃぁっ…!?ん、んぁ…あっ…」
両の突起を舐めたりつねったり。それだけで可愛らしい嬌声を上げて、すがってくるものだから、余計に煽られていじめたくなる。
「んぁ、や、やだっ…」
「嫌か?それじゃあ止める」
「や、続けて…お願い…」
やがて胸元だけでは抑えきれずに、下に向かって手を伸ばす。
唯自信を扱くと、透明な蜜が溢れてきた。
「ああっ…あっ、あっ、そこぉ、もっと…」
短く息を吐きながらねだる唯。だが、わざと手を休める。
「はぁ…ん、も、もっと…して…下、いじって…」
唯は予想通りに嘆願する。それにはとてもそそられるものがある。
「わかったから…」
再び手を動かすと、満足そうにする唯。それを見て、蕾にも指を当てていく。
「あぁん…それ、いいの…」
快楽を与えられたようで、身体をしならせて言う唯。その艶かしい仕草に、俺の手指も中へと進んでいく。
そして、唯の中に誘われるまま内壁を擦ると高い声で喘ぐ。
充分すぎる前戯では足りなくなったのか、唯は涙目になりながら俺を見つめて言う。
「ひゃっ、も、無理…挿れて、中に挿れてぇ…!」
「仕方ないなぁ…じゃ、挿れるから」
唯を上に乗せ、解された相手の蕾を自分のものに当てる。
―今、阻まれることなく二人はひとつになった。

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!