[携帯モード] [URL送信]

ロストウォーリア短編
清廉なシスターが純潔を散らされる話【はゆメグ/悪魔はゆ×シスターメグ】リク
早く先輩のように立派なシスターになりたい。
その一心で、僕は今日も修行に精を出す。
―想い人のことは忘れて。

北欧、ウィンターブルー街の森奥にある修道院に僕はいる。
人気があるのかここで修行する人は多い。昨日も希望者がたくさん集まった。だが、もちろん全員が修行できるわけではない。
そんな中、僕はこのリリィ修道院での修行を許されたのだ。生半可な気持ちではいけない。
「おっはよー!」
「あ、おはよう昴…!」
水色の髪をもつ彼女は、僕より二週間早くここでの生活を始めた女性だ。
常に笑顔を絶やさず、誰よりも厳しく戒律を守る姿は、僕の憧れでもある。
「唯凪ちゃんにお客様だよ、行ってきな!」
「はい!」
明るい声で言われ、僕の足取りも軽くなった。
この修道院の正門に着いたとき、待っていたのは。
「はゆ…たん…!?」
昴と同じ、まっすぐな水色の髪。それに加え、漆黒の翼と角をもった少年が現れた。
そう、彼こそが僕を惹き付けてしまう[悪魔]…。
「お久しぶり。元気してた?」
「うん、してた…はゆたんは?」
「めっちゃ調子いいよ」
ごく普通に喋って、笑いあって。
そんな何気ない瞬間でも、とても嬉しかった。それと同時に少しの背徳感も芽生える。
そして、会話が終わりそうになった時。突然転機は訪れる。
「ねえ…僕とまた一緒にいてよ」
隼遊からの言葉に、重苦しい顔で僕は答える。
「…ごめん。僕の居場所はここなんだ」
本当は想いに応えたい。でもそれは叶わぬ願い。
「そんなに…僕が嫌なの?」
淡々とした口調で話す隼遊の目には、光が宿っていないようにも見えた。
「じゃあ…無理やり堕とすまで、だから」
「あっ、ちょ、待っ…んぅっ…」
悪魔は、強引に唇を奪う。
清らかな彼から、艶のある声が漏れ聞こえるまで。
「んぁ、んんっ…ふぁ…」
「んっ…」
厭らしい水音を立てながら、奥へと舌をねじ込む隼遊。
その激しさに、徐々に僕は夢中になっていた。
「はぁ…続き、ここでしちゃってもいいよね…」
「うん、もう待てない…」
すっかり堕ちてしまった元シスターは、悪魔の腕の内で乱れ咲いた。

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!