[通常モード] [URL送信]

ロストウォーリア短編
俺の可愛い車掌さん/1925パロ【蒼杏】
「次は、名知富士。お降りの方はボタンを押してお知らせください」
時刻は夜10時。
俺は今、恋人である杏寧が車掌を務めるバスの、ちょうど後ろの席にいる。
「この停留所を過ぎると、次の名知が終点となっております」
愛しいその声を間近で聞いていながら、仕事中の彼にちょっかいを出せないのを恨めしく思う。最高の楽しみだ。
俺たちは交際している。たまたま通勤中に助けた彼が同じ会社にいたことを知り、そこから仲を深めていった。
バスが停まり、乗っていた数人が一斉に降りていった。
名知駅に近い名知富士停留所で降りる客は多い。今日も俺以外はみんな降りた。
そんな二人っきりの車内、俺の理性はぎりぎりで。
「…杏寧」
「何だ?蒼月」
早く俺の腕に抱かれろよ。そう思っていても言えない。
「もうちょっとだけ、スピード上げないか?気づかれないくらい…」
「…わかった、そうするな」
悪戯っぽく笑う彼を見て、到着が待ち遠しく思えた。
「終点だよ、蒼月」
「事務所までついていくから」
「…了解」
走るバスが事務所に着くまで、そう時間はかからなかった。

[次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!