[携帯モード] [URL送信]

ロストウォーリア長編
ヨンジュウナナ/隼遊×唯凪デュエット*
「もっと声抑えて…関係者に聞こえたら怖い」
「んぁ、んっ…ふぁ…む、むりぃ…」
「ん…何か噛んどく?」
「そう、する…あぁっ」
夜中、隼遊の部屋。
そこには、一人の少年に抱かれる男の姿があった。
彼らは、毎晩のように夜這いに来ては慰め合う、そんな関係を続けていた。
「好きだよ…」
「んぁ、ぼ、僕…も…」
「へへ、耳弱くなった?」
抱くことでしか愛情を伝えられない彼。
それを受け止めることで幸せを噛み締める彼。

この狂った関係から、いつになったら解放されるのだろうか。

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!