[通常モード] [URL送信]

M8
今、未来を咲かすための/失想ワアドパロ【穂然】
いつも通りに朝が来る。
いつも通りに一日が終わる。
どうして、時間は普通に過ぎていくのに。
私は普通に生きていけないの。

まだ未来に夢を抱いていたときは、確かに綺麗だったけれど興味もなかった。そこにいられるのが当たり前だったから。
希望のない私には、外の世界に行くことすらままならない。ただ恐怖があるだけ。
挨拶すらできないなんて可哀想。親を通じて、そんな言葉を何回も聞いた。それでも喋れない、喋ってはいけないんだ。
こんな惨めな私なんて、いなくなればいいんだって…何度も何度も消えようと思った。
でも消えたのは、綺麗になろうとしていたあの頃の自分だけ。馬鹿みたいな自分しかいなくて、本当にダメだな。
庭に咲いた花は綺麗だった。

大好きだった人達はもうそこにはいない。
それは事実らしいが、未だによく分かっていない。
早く受け入れてだなんて言うけど、何を受け入れたらいいの?私は大好きな人達の迎えが来るまで、まだ待っている。だって、いるはずだもの。
そして取り戻して。太陽のような笑顔を咲かせている、あの時の私を。

何度も何度も、話そうと、外に向こうとしたはずなのに。
間違えてしまう自分は惨めだ。
誰にも見つからないように、隠れていなくちゃ。
邪魔にならないように、閉じこもっていなくちゃ。


不意に誰かが私を呼んだ気がした。
世界中の人が集うアジトから聞こえた。
そんな風に思えた。

大好きだった人達はいなくても、これから大好きになる人ならいるはずだから。
絶望していても、何も変わらない。これから溢れるであろう希望を声にしよう。そう心から思えた。
寝癖直して外に出よう。
きっと未来を咲かすことはできるから。



―穂然ちゃん。
―この手を取って。

[*前へ]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!