[携帯モード] [URL送信]

ちょっと危ない拍手のお返事(十八歳未満厳禁)
鷹富士茄子のお返事まとめその1

※ >恭文「……確かに。で、でも僕、結婚してましてー!」

>茄子「ハーレムの覚悟は、もうできていますよ?」


茄子「えいっ」

恭文「か、茄子。なんでいきなり手を握るのかな」

茄子「私の幸運のおすそわけです。どうですか、運が良くなった気がしますか?」

恭文「と言われても正直よくわからない。ただ茄子の手の柔らかさは凄くよく分かって、ドギマギしてる

茄子「うーん、おかしいなあ。くっつき方が足りないのかなぁ」

恭文(そう言って今度はぎゅっとハグして胸を擦り付けてきて…マ、マズイ)

恭文「茄子、これ以上は駄目だって。僕は結婚してて」

茄子「大丈夫です、さっきも言いましたけどハーレムの覚悟はできてますから。
それにしても……う〜ん。直接肌を合わせないと駄目なのかなぁ」




恭文「は、肌!?」

茄子「上手く伝わらないのは、きっと私達の距離が遠いからです。なので……まずは行動を持って、恭文さんを幸せにしますね」

恭文「それ、意味合いが変わってる……!」





※>恭文「は、肌!?」

>茄子「上手く伝わらないのは、きっと私達の距離が遠いからです。なので……まずは行動を持って、恭文さんを幸せにしますね」

>恭文「それ、意味合いが変わってる……!」


恭文(茄子はTシャツ1枚と言う薄着になって僕の左腕抱き着く。とてもこの季節に
ふさわしいとは言えない恰好なのに、本人は寒がりもせずいたって幸せそうだった)

茄子「恭文さんとくっついてれば温かいです。さぁ行きましょう」

恭文(いくらそうはいっても1月の寒空の下じゃ…と思ったけど1歩外に出ると
真冬とは思えないほど暖かだった。小春日和と例えるにも度を過ぎているほどだった)


茄子「あ、お財布落ちてますよ」

恭文「そう言って拾った財布には現金7万円とカードがいっぱい……その後も宝くじの当たり券を拾ったり、
たまたま入ったレストランでは開店1万人目の客だからとサービスを受け……生まれて初めて遭遇する異常事態だった」

恭文「ど、ど、ど、どうなっているのかな!?僕もうすぐ死んじゃうのかな!?」

茄子「もう、何言ってるんですか。はい、あ〜ん」

恭文(そう言って左手でスプーンを近づけてくる茄子の右手を強く握りしめる。も、もしかしたらこの手を離したときが僕の最期なのかも)




恭文(食事も……美味しいけど、喉を通らなくなる寸前。でも僕、お呪いの類いは通用しないはずなのに……それすらねじ伏せるのか!
幸運の女神は! ……あ、お財布はちゃんと交番に届けましたのであしからず)

茄子「……恭文さんはいつも頑張り屋さんです。運が悪くても、何に巻き込まれても諦めないで、前を見て」

恭文「え」

茄子「本当は迷っていたんです。運がよくならなかったら、ガッカリさせるんじゃないか。
逆に安易な幸運をもたらしたら、恭文さんのいいところを……壊しちゃうんじゃないかって。
でも私、あなたを幸せにしたいんです。運のよさだけじゃない、私といるときは……大好きなあなたを、世界一幸せに」

恭文「茄子」

茄子「だから、教えてください。こういうの、嫌ですか? 私、あなたの生き方を馬鹿に」

恭文「してないよ。……ありがと。茄子の気持ち、本当に嬉しい。あの、僕も」

茄子「はい」

恭文「幸運のおすそ分けは無理だけど、茄子を幸せにしたい。だから教えてほしいな、茄子がどうしたいのか」

茄子「……あなたと一緒にいたいです。それでもっと……深く、触れ合えたら」

恭文(頬を赤らめながらの告白。そして茄子は改めて、僕の手を握ってくる。
幸運のおすそ分けではなく、幸せにしたいという心を伝える。それがまた、幸せなんだけど)







※>恭文「幸運のおすそ分けは無理だけど、茄子を幸せにしたい。だから教えてほしいな、茄子がどうしたいのか」

>茄子「……あなたと一緒にいたいです。それでもっと……深く、触れ合えたら」

>恭文(頬を赤らめながらの告白。そして茄子は改めて、僕の手を握ってくる。
>幸運のおすそ分けではなく、幸せにしたいという心を伝える。それがまた、幸せなんだけど)

恭文(それからまた二人でお話しして…二人きりになれる場所に移動した)

恭文「本当に、僕でいいの?

茄子「はい、恭文さんがいいです」

恭文「じゃぁ、まずはシャワーから」

茄子「そうですね…でも」

恭文「なに?」

茄子「この手…放したくないです」




恭文「……じゃあ、一緒に入る?」

恭文(ごめん、変な意味じゃない。他に手が思いつかなかった……! それで茄子は、顔を赤くするも)

茄子「はい」

恭文(そのまま二人で、まずは脱衣所へ。さすがに、本当にずっと繋いだままだと、服が脱げない。なので)

茄子「転送魔法で、服だけ飛ばせます? そうすれば私達、手を繋いだまま裸に」

恭文「……それは、ムードがないと思うんだ。その代わり」

恭文(茄子を後ろから抱き締め、ゆっくりシャツの裾を持つ。繋いでいた手は名残惜しいけど、一旦離して)

恭文「いっぱいくっつきながら、脱がし合いっこ……しようか。どうかな」

茄子「これなら……はい、大丈夫です」

恭文(よかった……いや、できなくはないけど、さすがにムードが……そこで茄子が振り返る。
恥ずかしげに瞳を閉じるので、求められれていることに気づき……初めて、茄子の唇を奪う)







※ >恭文「いっぱいくっつきながら、脱がし合いっこ……しようか。どうかな」

>茄子「これなら……はい、大丈夫です」

>恭文(よかった……いや、できなくはないけど、さすがにムードが……そこで茄子が振り返る。
>恥ずかしげに瞳を閉じるので、求められれていることに気づき……初めて、茄子の唇を奪う)




恭文(唇を触れ合わせながら茄子のシャツをめくる。露わになったブラジャーに片手を重ね、
バンザイの姿勢になった茄子のシャツを片手で脱がす。シャツをそっと脱衣かごに放り投げ
両手で茄子の胸を愛撫。もちろんキスも継続して…シャワー前なのに二人とも高ぶっていた)




恭文(分かってはいたけど、過去の胸は大きく、形もよく、揉み心地も抜群。
お正月なせいか、自然と大きなお餅を想像して……っと、いけないいけない。お風呂……お風呂が先ー)

茄子「恭文……さん」

恭文「ごめん、痛かった?」

茄子「いいえ。でも、恭文さんのお日様みたいに温かい手に触れられると……直接、心臓を温められているみたいで。余計にドキドキします」

恭文「あ、ありがと」

恭文(またキスを繰り返し、今度はズボン……ベルトを外し、腰を撫でながら脱いでいく)





※恭文(分かってはいたけど、過去の胸は大きく、形もよく、揉み心地も抜群。
お正月なせいか、自然と大きなお餅を想像して……っと、いけないいけない。お風呂……お風呂が先ー)

茄子「恭文……さん」

恭文「ごめん、痛かった?」

茄子「いいえ。でも、恭文さんのお日様みたいに温かい手に触れられると……直接、心臓を温められているみたいで。余計にドキドキします」

恭文「あ、ありがと」

恭文(またキスを繰り返し、今度はズボン……ベルトを外し、腰を撫でながら脱いでいく)



◆◆◆◆◆

恭文(そのまま下着の上から茄子のお尻を、大事なところを撫であげる。

すでに湿って熱を持っているそこに引き付けられ、脱衣の途中なのに夢中になって愛撫してしまう)




茄子「あ……恭文さんの手、凄いです。私、どんどん熱くなって……直接、触ってくれますか?」

恭文「うん……」

茄子「それで、こっちも……」

恭文(茄子と一緒に肌着も脱ぎ去り、生まれたままの姿となる。そのまま茄子と口づけながら、支えるように後ろから抱き締める。
そのまま右手で茄子の右胸を、左手で大事なところを直接撫で、どんどん高ぶる熱を感じ、僕自身も欲望を滾らせる)

恭文「茄子……茄子の身体、奇麗だよ」

茄子「ありがとう、ございます……」

恭文(茄子は僕の右手に自分の手を重ね、息を乱しながら歪む胸を……指先で弄られる柔肉を見続ける。
その身もだえる姿が可愛くて、左脇から顔を出して、茄子の左胸に口づけを送る。
そのまま唇と舌で愛撫を深くしていくと、茄子の背が引きつり、口から甘い声が漏れる)

茄子「あぁ……! ん……美味しいですか? 私の……おっぱい」

恭文(茄子の柔肉に吸い付きながら頷くと、茄子は赤面しながらも嬉しそうにほほ笑む。
更に左の指は茄子の大事な場所を穿り、浅い場所で抽挿を繰り返す。それでお尻には、高ぶった僕自身を擦りつけてしまって……)

茄子「恭文さんのも、たくましくて……熱いです。でも嬉しい……とっても、嬉しいです」

恭文「ん……!」







[*前へ][次へ#]

7/14ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!