[携帯モード] [URL送信]

ちょっと危ない拍手のお返事(十八歳未満厳禁)
卯月&イバラギンのお返事まとめその1
※ 卯月「茨木ちゃんももうすぐ水着サーヴァントになりますし!」

茨木童子「吾を巻き込むなぁ!」



卯月「大丈夫です!世の中にはその、生クリームやはちみつを体に塗りまくって舐めながらエッチする人もいるそうです!!」




茨木童子「………………ほほう。では貴様で試すとするか」

卯月「ふあい!?」

茨木童子「食べ物で遊ぶとは何事かぁぁぁぁぁぁ! ……というわけで小僧、貴様も付き合え」

恭文「ちょ、待て……首根っこを掴むなぁ! 引きずろうとするなぁ!」







※ 茨木童子「………………ほほう。では貴様で試すとするか」

卯月「ふあい!?」

茨木童子「食べ物で遊ぶとは何事かぁぁぁぁぁぁ! ……というわけで小僧、貴様も付き合え」

恭文「ちょ、待て……首根っこを掴むなぁ! 引きずろうとするなぁ!」


◆◆◆◆

茨木「まずは…服を脱げ!」

卯月「み、見ないでください!」

恭文(顔を背ける)

茨木「ではまず蜂蜜からいくか」



卯月(茨木ちゃんに服を脱がされ、下着も剥がされて……というか、茨木ちゃんもそれに合わせて、脱いで……!
まずは私の胸や首に、ひんやりとしたハチミツが掛けられる。
それを茨木ちゃんは、私の首筋をすかさず舐めて……左手でも、胸をまさぐられ、優しく先っぽもいじめられて……!)

卯月「あ……あぁぁぁぁ……! 茨木ちゃん……茨木ちゃん!」

茨木「ふん、どうだ……これでも大江山にいたときは、攫ってきたおなご達と鳴かせてきたからなぁ。悪くはないだろう」

卯月「は、はい! なんか、凄い……ですぅ!」

茨木「しかし小娘、お前も剛気な奴よのう……生娘で愛しい男が目の前にいるにも拘わらず、吾に純潔を捧げるか」

卯月「え……」

茨木「となれば、吾も少々趣向を懲らすとしようか」

卯月(それで、茨木ちゃんの大事な場所が光って……その……とても大きい、男の人のに……!)

卯月「そ、それって……!」

茨木「変化の応用よ。……安心しろ、身体が壊れない程度のものに収めておる」

卯月「茨木、ちゃん……」

茨木「根こそぎもらうぞ、小娘……さぁう゛ぁんとであるがゆえ、孕ませられるのが残念だが、それでも身体はたっぷりと穢れる。
くくくく……好きでもない男根の子種を……それも鬼のものを受け、絶望に顔を歪めるといいわ!」

卯月「だ、だったら……だったら……! 恭文さんも、こっち……見てください!」

恭文「あの、卯月……大丈夫。イバラギンにはおやつ抜きでお仕置きするから」

茨木「にゃにぃ!?」

卯月「それは、大丈夫です! ……もし、茨木ちゃんが……本当にそこまで、私を求めてくれているなら……私……頑張りたいなって」

恭文・茨木「「…………え?」」

卯月(――恭文さんも引っ張り、服を脱いでもらって……改めて、身体を開く。
それで茨木ちゃんは、あの大きいのを元に戻して、女の子になってくれて……あぁ、やっぱりだ。
私が後悔しないようにって、悪ぶってたんだ。……それに感謝しながら、恭文さんに……そして大事なサーヴァントに、それぞれファーストキスを送る)






※ 卯月「それは、大丈夫です! ……もし、茨木ちゃんが……本当にそこまで、私を求めてくれているなら……私……頑張りたいなって」

恭文・茨木「「…………え?」」

卯月(――恭文さんも引っ張り、服を脱いでもらって……改めて、身体を開く。
それで茨木ちゃんは、あの大きいのを元に戻して、女の子になってくれて……あぁ、やっぱりだ。
私が後悔しないようにって、悪ぶってたんだ。……それに感謝しながら、恭文さんに……そして大事なサーヴァントに、それぞれファーストキスを送る)

◆◆◆◆◆


茨木「ふん、勘違いするなよ。貴様は我がマスター、すなわち贄

その魔力も血も肉もあらゆる体液もすべて我のモノ。

だが、順番くらいは都合をつけてやっても良いかと思ったまでのこと
そうすることで貴様がより甘く仕上がるのならばな」


卯月(そう言って茨木ちゃんは…今度は生クリームを私の体に)





卯月(まずは恭文さんにファーストキスを捧げて……続けて、茨木ちゃんにも唇を奪われる。
二人交互に、唇と重ね、舌を絡め……二人はそのまま、ハチミツと生クリームに塗れた身体を味わってくれる。
恭文さんが……大好きな人が、私の胸……先っぽ、吸い上げてぇ……それに、茨木ちゃんもぉ!)

恭文「卯月、どう……?」

茨木「どうだ、吾の方がよかろう。年季も違うからなぁ」

卯月「や、恭文さん、です! 茨木ちゃんも凄い、けど……でも、こっちがぁ!」

茨木「むむ……! それは吾の誇りに対する挑戦とみた!」

恭文「しょ、勝負はおかしいと思うけど……というかあの、えっと……茨木はこれ、いいの?」

茨木「構わん。今はこのはしたない小娘に、しっかり仕置きをしなくてはなぁ……。
……ほれ、一人で楽しんでいないで、我らのことも満足させてみろ」

卯月(茨木ちゃんに導かれるように、あの大きいのを左手で触って……あぁ、男の子に、なってる。
だから…………優しく……さすってあげる。
それは恭文さんも同じ。二人に私の胸を味わってもらいながら、大事に、大事に……!)

茨木「しかし、本当におかしい小娘よ。初めての常時で男根二本食いがお望みとは……」

卯月「いいんです……。だって、茨木ちゃんは大事で、大好きな子で……もし茨木ちゃんもそう思ってくれるなら……嬉しいなって」

茨木「馬鹿者。そんなこと、吾が思うはず」

卯月(だから気持ちをいっぱい伝えるため、茨木ちゃんの大事な場所を、私の手で包んで……優しく慰めてあげる)

恭文(……んぅ……!」

卯月「恭文さん、ごめん……なさい。私、こうやって茨木ちゃんのこともこれから、受け入れちゃうって……思います。
……そんな、いやらしい女の子でも……嫌わないで、くれますか?」

恭文「大丈夫だよ。卯月が本気でそうしたいなら……というか、僕も……ハ、ハーレム……しているし」

卯月「ありがとう、ございます――!」










[*前へ][次へ#]

14/15ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!