[携帯モード] [URL送信]

ちょっと危ない拍手のお返事(十八歳未満厳禁)
かな子(一年前)×先生のお返事まとめその1

※かな子(一年前)「先生…好きです」


先生(美術非常勤)「三村さん…」

かな子(一年前)「あの、私なんかがこんなこと言っても、ご迷惑だとは思ったんです。

でも先生、今日で先生じゃなくなっちゃうから、最後にどうしてもこの気持ちを伝えたくて」


先生(美術非常勤)「……ありがとうございます。そしてすみません。今まであなたの気持ちに気づかなくて」

かな子(一年前)「い、いえいいんです。私、クラスの皆みたいに可愛くないし、だから告白なんて本当はするつもりもなくて」

先生(美術非常勤)「それは違いますよ、三村さん」

かな子(一年前)「え?」

あなたはとても素敵な女生徒です。そんな風に自分を卑下するのはやめてください」

かな子(一年前)「でも」

先生(美術非常勤)「私はあなたに告白されて本当に嬉しかったんですよ

かな子(一年前)「っ!?あ、ありがとう、ございます」

先生(美術非常勤)「それで申し訳なくも思ってます。私はもうすぐ日本を離れます。あなたとお付き合いすることはできません」

かな子(一年前)「はい…」

先生(美術非常勤)「もっと早くにあなたの気持ちに気づけたらよかった。そうすれば」

かな子(一年前)(先生の顔が近づいてきて…おでこに柔らかい感触が)

先生(美術非常勤)「こんな風に触れ合って、たくさん思い出を作れたかもしれないのに」

かな子(一年前)「せ、せんせい」

先生(美術非常勤)「……今日で僕の教師生活は終わりです。でも、最後にあなたに特別な個人授業をしたい」

かな子(一年前)「こ、個人授業ですか

先生(美術非常勤)「えぇ、あなたが素敵な女の子だって、きちんと教えてあげたいんです」





先生「……もちろん、とても不誠実な行為だと思っています。あなたを弄んでいると言われたら否定できない」

かな子「先生……」

先生「それが嫌なら」

かな子「そんなこと、ないです。あの……授業、してください」

先生「三村さん」

かな子「思い出、欲しいです。先生と……少しでも通じ合えた思い出が」

先生「……ありがとうございます」







※かな子「思い出、欲しいです。先生と……少しでも通じ合えた思い出が」

先生「……ありがとうございます」



◆◆◆◆

かな子(そのまま美術準備室に二人で入って内側から鍵を掛けて…床にシーツを敷いて、二人向かい合うように座った)




先生「……本当にここでいいんですか? やはりホテルなどの方が」

かな子「そ、それだと誰かに見られちゃうかも……しれませんし。それに……」

先生「三村さんと初めて会ったのも、ここでしたね」

かな子「……!」

先生「あのときは、こうやって向き合うことになるとは思っていませんでした」

かな子「私も……です」

かな子(そう言いながらゆっくり……先生に頭や頬を撫でられながら、瞳を閉じて……生まれて初めての、唇でのキスを捧げる。
優しく……触れるだけの、柔らかいキス。こんな私を、触ったら崩れるお菓子みたいに優しく、大切にしてくれて……)







※かな子(そう言いながらゆっくり……先生に頭や頬を撫でられながら、瞳を閉じて……生まれて初めての、唇でのキスを捧げる。
優しく……触れるだけの、柔らかいキス。こんな私を、触ったら崩れるお菓子みたいに優しく、大切にしてくれて……)


◆◆◆◆

かな子(先生は私の髪をなでながら2回3回とキスを続けてくれて…わ、私も先生のリズムに合わせて自分から唇を前に突き出したら、抱き寄せてくれて)




かな子(温かい……大好きな人の腕の中は、絵の具の匂い……かな。ちょっと溶剤っぽい感じがする。
でも嫌な感じではない。だから、つい自分から求め続けて……)

先生「三村さん」

かな子(先生はそっと……両手を私の上着に。ボタンを一つずつ外され、そのとき胸に先生の細い手が当たる。
吐息が軽く漏れると、先生は一旦手を止める。……だから頷きを返してまたキスを送ると、先生の手が再び動き始める。
そう、だよね。キスだけじゃ……駄目だよね。でも、私の身体……気に入って、くれるかなぁ)






※先生「三村さん」

かな子(先生はそっと……両手を私の上着に。ボタンを一つずつ外され、そのとき胸に先生の細い手が当たる。
吐息が軽く漏れると、先生は一旦手を止める。……だから頷きを返してまたキスを送ると、先生の手が再び動き始める。
そう、だよね。キスだけじゃ……駄目だよね。でも、私の身体……気に入って、くれるかなぁ)


◆◆◆◆

かな子(シャツの前が全部はだけて、ブラジャーを先生の目の前にさらしてしまう。

……緊張、する。私、やっぱり太ってるし、可愛くないと思うから。

先生にガッカリされないかって、怖い…)





先生「思っていた通り……いえ、想像以上に素晴らしいです」

かな子「え……!? で、でも私、あの」

先生「三村さんは立派に平均体重ですし、体型もそうですよ。それに乳房も……こんなに深い谷間を描いて。……絵に描けないのが惜しいくらいです」

かな子「先生……」

先生「外しても、大丈夫でしょうか」

かな子「……はい」

かな子(先生に頷くと、緊張をほぐすようにまたキスがされて……その間にブラのホックが外される。
それで私の乳房は、その曲線から……男の人には見せたことのない、柔肉の部分まで晒してしまって。
先生は優しく、そんな私の胸を撫でて……下から持ち上げ、更には指を動かし優しく愛して……くれて……!)

先生「本当に美しいですよ、三村さん」

かな子「本当、ですか……?」

先生「えぇ。……その証拠に」

かな子(……いつの間にかチャックを外され、ズボンとトランクスから解放された……先生の、滾るシンボルを見せられる。
思わず悲鳴が出かけたけど、同時に嬉しかった。私のことを、本当に女の子として……だから、先生が私の乳房を触るように……私も、先生のシンボルに触れて)









[*前へ][次へ#]

6/14ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!