[携帯モード] [URL送信]

ちょっと危ない拍手のお返事(十八歳未満厳禁)
セクシーギルティのお返事まとめその1

※早苗「じゃあ恭文くんで」

雫「そうですねー。恭文くん、逮捕です!」

恭文「そう言いながら、なぜ羽交い締め!? というかハグのサンドイッチ!?」

早苗「まぁまぁ、こういうの、好きでしょ?」

恭文「僕は結婚してるのー! 離れてー!」 

ユッコ「むむむむ……びびびびびびー!」

恭文「そっちも遠距離から念力を送るなぁ!」



◆◆◆◆

ユッコ「だって、近くから送ったら」

恭文「顔を赤らめて胸を隠すなー!」

ユッコ「だってサイキック予知で…いえ、嫌な訳じゃないですけど心の準備する時間は欲しいというか」

早苗「むむむ。なら恭文くんはやっぱり逮捕ね!」

雫「ちょっと危ない取り締まり室へご案内ですよー」




恭文「は、離してー! く、こうなったら」

雫「印は組ませません! ……えい」

恭文(取られた両手が、雫の胸に……しかも大きくて、柔らかい……って、なぜぇ!)

早苗「更に魔法も使わせない……ん」

恭文(更に、後ろを取った早苗さんに、強引に唇を奪われ……ちょ、キス……深いのが、いきなり……!)

ユッコ「あ、あう……あぁ……」

早苗「んぅ……ユッコちゃんは、私と雫ちゃんの後でいいからね」

雫「お手本、示しますねー」

ユッコ「は、はい……」

恭文「まてぇ……!」







※ 早苗「んぅ……ユッコちゃんは、私と雫ちゃんの後でいいからね」

雫「お手本、示しますねー」

ユッコ「は、はい……」

恭文「まてぇ……!」



◆◆◆◆


雫「ん…恭文くんの唇…柔らかいですねぇ」

恭文「んんんんっ!」

恭文(取調室で押し倒され、両手を雫の胸の谷間で拘束されて、唇を貪られる)

早苗「さぁ早く吐いちゃいなさい!」

恭文(そして早苗さんは僕の股間に潜り込んで、胸の谷間に僕の高ぶりを…駄目ぇ)




恭文(早苗さんはいつの間にか上半身裸で、服の上からでも目立っていた……あの柔らかな果肉が晒される。
サーモンピンクの先っぽに魅入っていると、そんな胸で僕の高ぶりを挟んで、丁寧に刺激を送ってくる。
あ、これ……凄い……柔らかくて、吸い込まれる。それに、胸の外側から……早苗さんも手で力を加えて。それが、とても絶妙で……!)

早苗「ほら、どう? あたしのパイズリ……これでも場数は踏んでるから、よくないとは言わせないわよ?」

恭文「す、凄くいい……です。でも……早苗、さん」

早苗「……ヘタレ。あたしも、雫ちゃんも……何とも思ってない男と寝るほど、遊んでないわよ」

雫「そうですよ。私だって……恭文さんのこと、いいなって思って」

恭文(雫もさっと服を脱ぎ捨て、黄色いブラを外し……その、重量感十分なKカップバストを晒す。
さすがに重量が重量なので多少は垂れるものの、その形は決して大きく崩れない。
あくまでも自然に……美しいラインを描いていた。その上で雫は、改めて僕の両手を自分の胸に当てる。
……自然と手に余る、柔らかい果実を指で、手の平で堪能し、更に柔肉を交互に舐め、攻撃を開始していた)

早苗「やっぱり好きなんじゃない、大きな胸……一回りくらい大きくなったわよ?」

雫「あぁ……嬉しいです。やっと、本気になって、くれて……遠慮しなくて、いいですからね?」

早苗「そうそう。お姉さん達も楽しむし、君も楽しむ……遊びじゃなくて、本気でね」

恭文(早苗さんは、そう言いながらペースを上げて……でも長く楽しめるように、適度なところで勢いを落とす。
その緩急が余計によくて、雫への愛撫も熱を帯びてしまう。というか、早苗さん、凄すぎ……!)








[*前へ][次へ#]

13/15ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!