[携帯モード] [URL送信]

ちょっと危ない拍手のお返事(十八歳未満厳禁)
杏のお返事まとめその1

※杏「いや、コレは仕方ないよ。杏、蒼凪プロデューサーの好みから果てしなく外れているし……ふ」

恭文「違う、そうじゃない!」


◆◆◆◆◆

杏「そう?じゃあやっぱりいずれはCP全員を嫁にするつもりで」

恭文「違う〜〜〜」

杏「そう言うことなら早目にいいポジション確保しとく方が良いかな」

恭文「ちょ、杏。何を…ズボンを脱が…うっ」

杏「まぁ任せてよ。実践は初めてだけど、舐め方とか予習してきたし」




恭文「え、えっと……」

杏「……分かってる。杏が理想体型じゃないのは。でもさ、これくらいはできるよ?」

恭文「杏」

杏「あと……気持ちがあるのは、覚えておいてね」






※恭文「え、えっと……」

杏「……分かってる。杏が理想体型じゃないのは。でもさ、これくらいはできるよ?」

恭文「杏」

杏「あと……気持ちがあるのは、覚えておいてね」


◆◆◆◆

杏「ん、ちょっと苦いかな」

恭文「う…杏、無理は」

杏子「けど気持ちよさそうな顔してくれるのは、嬉しいかな。だから、もっと攻めちゃおう」

恭文「んん…あぁ…」




杏(というわけで、フォームチェンジー)

恭文(杏はふだん束ねていた髪をサッと解放し、ロングヘアーになる)

杏「こっちの方が好みだよね……じゃあ、再開っと」

恭文(杏は頭を上下させ、小さな口内と舌をフル活用してご奉仕……これ、ヤバい。凄い気持ちいい……!
杏のことだから、何かしらの事前勉強を……さっき言ってた通りね!? 腰が抜けそうな快感に面食らいながらも、必死に耐える)

杏「ん……どう? 実戦はね、本当に蒼凪プロデューサーのお(ぴー)が初めてだけど」

恭文「凄く、気持ちいい。でも、駄目……これは」

杏「駄目じゃないよ。杏は感じてくれて嬉しいの……だから、我慢しなくていいんだよ?」

恭文(そう言いながらまた……今度は強い吸い付きも絡めてきて、快感の幅が一気に広がる。あ、駄目だ……これ、長くは持たない……!)





※ 杏「ん……どう? 実戦はね、本当に蒼凪プロデューサーのお(ぴー)が初めてだけど」

恭文「凄く、気持ちいい。でも、駄目……これは」

杏「駄目じゃないよ。杏は感じてくれて嬉しいの……だから、我慢しなくていいんだよ?」

恭文(そう言いながらまた……今度は強い吸い付きも絡めてきて、快感の幅が一気に広がる。あ、駄目だ……これ、長くは持たない……!)


◆◆◆◆

恭文(このまま一方的に攻撃を受けるのはマズイ…僕は杏のお尻に手を伸ばしズボンの中に手を差し入れてゆっくり揉みあげる)




杏「んんぅ……」

恭文(あ、責められるのはやっぱり弱いのか。ならこのまま……痛みを感じないように、優しく……ソフトに……)

杏「だめ……集中、できないー」

恭文「いや、されてばかりも悪いし……」

杏「なら、負けないように……ん」

恭文(それでも折れないかぁ。でもそれだけ本気……そう考えると、どんどん快感が増してきて――)






※ 杏「だめ……集中、できないー」

恭文「いや、されてばかりも悪いし……」

杏「なら、負けないように……ん」

恭文(それでも折れないかぁ。でもそれだけ本気……そう考えると、どんどん快感が増してきて――)

◆◆◆◆


恭文(嬉しさが増した分、杏への愛しさで指の動きも大胆になっちゃう
お尻を揉むだけじゃなく、杏の大事なところといけないところにも指を伸ばす)

杏「んんんん…!」

恭文(杏は身もだえるけど、それを振り切るようにご奉仕してくれて…やっぱり、僕が先にイっちゃうかー)




恭文「杏……もう……!」

杏「んのふぁふぁ……んぅ!」

恭文(杏がペースを上げる。僕のを絞り取るように……舌と口内での攻撃に耐えかねて、腰が震えてしまう。あ、ヤバい……もう……!)






※ 恭文「杏……もう……!」

杏「んのふぁふぁ……んぅ!」

恭文(杏がペースを上げる。僕のを絞り取るように……舌と口内での攻撃に耐えかねて、腰が震えてしまう。あ、ヤバい……もう……!)


◆◆◆◆

恭文「……出るっ」

杏「んん……ん!」




恭文(結局、杏より先に達してしまう……杏の狭い口内に欲望を解き放ち、その……頭が痺れるような快感に酔いしれる。ただ、堪能してばかりもいられなくて)

恭文「杏、とってもよかったよ……でも、苦しいなら吐き出して」

杏「んぅ……ひゃい、ひょうふ……」

恭文(杏は苦しげにしながらも、口に二度、三度と放出される熱を一滴残らず飲み、更に中に残った残滓も吸い出してくれる。
それが絶頂の余韻を加速させ、更に僕自身も高度を高めて……あぁ、凄くいい。
杏、今更だけど……本気なんだ。なら、ちゃんと応えていかないと……)






※恭文「杏、とってもよかったよ……でも、苦しいなら吐き出して」

杏「んぅ……ひゃい、ひょうふ……」

恭文(杏は苦しげにしながらも、口に二度、三度と放出される熱を一滴残らず飲み、更に中に残った残滓も吸い出してくれる。
それが絶頂の余韻を加速させ、更に僕自身も高度を高めて……あぁ、凄くいい。
杏、今更だけど……本気なんだ。なら、ちゃんと応えていかないと……)



◆◆◆◆

恭文「ありがとう。今度はこっちが杏を気持ちよくしてあげる」





杏「いいよ……まぁ、フェイトさんやりんさんに比べたら、アレだろうけど」

恭文「大丈夫だよ。ただ……痛いのや怖いの、我慢はしなくていいからね。どうしても駄目なときはちゃんと言ってほしい」

杏「それも了解……こういうときは、あれかな。”優しくしてね”って言うべきなのかな」

恭文「うん……」







※杏「それも了解……こういうときは、あれかな。”優しくしてね”って言うべきなのかな」

恭文「うん……」

◆◆◆◆

杏「ん…」

恭文(杏の華奢な両足を開き、彼女の一番デリケートな場所に口づける。何度か触れるだけのキスをくりかえした後、舌でゆっくりと舐めあげる)

「ンん…んあ…」

恭文(杏も感じてくれているらしくくぐもった声が聞こえてくる。声を出すまいと堪えているみたいだけど、
秘所が濡れてくるのまでは我慢できないらしい。しみ出してきた愛液を思い切り音を立ててすすってみる)




杏「ぁあぁあああぁ……!」

恭文(杏は実をよじり、甘い感覚に耐えていく。それに更に欲情しながらも、杏の秘所を優しく味わう)







※杏「ぁあぁあああぁ……!」

恭文(杏は実をよじり、甘い感覚に耐えていく。それに更に欲情しながらも、杏の秘所を優しく味わう)

◆◆◆◆

杏「ああ・・・やば・・・ごめ、んんんん!」

恭文(最後まで言い切れずに、杏子は絶頂した。僕の顔に甘くて熱い潮が顔に掛かる)




杏「はぁ……あはぁぁ……凄いね、これ。想像以上だよ」

恭文「気持ちよくなってくれたなら嬉しいよ。ん……」

杏「ん……! そんな、吸い出されると、またぁ……!」










[*前へ][次へ#]

4/14ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!