[携帯モード] [URL送信]

ちょっと危ない拍手のお返事(十八歳未満厳禁)
凛(渋谷)&美嘉&フェイトのお返事まとめその1

※恭文(馬鹿なことをした凛の背中を踏んづけて、しっかり土下座させる)

渋谷凛「ぐぇ!」

恭文(まだ頭が高いのでさらに踏んづける)

渋谷凛「ひゃう!あんっ1」

恭文(………え、何今の声。なんかちょっと艶っぽかったんですけど)


石川P「あの、今の」

美嘉「……石川、ちょっと外に出ててくれるかな。2時間くらい」

石川P「いや、でも」

美嘉「いいから」

恭文(美嘉に睨まれ石川さんは退室。後には美嘉と戸惑うばかりの僕と何故か同じように戸惑ってるっぽい凛が残された)

美嘉「さて、凛。あんた…恭文に踏まれて、感じちゃったんでしょ?」

渋谷凛「そんな、ことあるわけ」

美嘉「恭文、もっぺん同じところ踏んでみてくれる?」



恭文「ふん!」

凛(渋谷)「はぁん!」

美嘉「躊躇いなしか! でも、やっぱり……!」

凛(渋谷)「ち、違う……こんなの、違う……私じゃ……はぁ……はぁ」

美嘉「息荒げにしてるじゃん!」

恭文「へ、変態だー!」

美嘉「踏んづけたアンタが言う権利、一つたりともないからね!?」






※凛(渋谷)「ち、違う……こんなの、違う……私じゃ……はぁ……はぁ」

美嘉「息荒げにしてるじゃん!」

恭文「へ、変態だー!」

美嘉「踏んづけたアンタが言う権利、一つたりともないからね!?」

◆◆◆◆

美嘉「まぁ…しょうがないのかなぁ。万葉集にも名前に『りん』って入ってる女の子は恭文と相性バッチリって書いてあるし」

凛(渋谷)「そんな、馬鹿な……ひゃう!」

美嘉「あんたは本当に不勉強だねぇ。まぁあんたが不勉強だろうと赤点取ろうと今はいいや。

どっちにしたってあんたが今息を荒げてエロい気持ちでいっぱいになってるのも、お尻を突き出してるのも本当だし」

凛(渋谷)「ちが…はぁ…はぁ…これは、踏まれてるから…はぁ…」

美嘉「それで?このお尻をどうして欲しいのかな?」

                                         

凛(渋谷)「それ、は……」

美嘉「踏んづけてほしいのかな……それとも」

美嘉(恭文の手を取って、強引に引っ張り……お尻へ当てる)

恭文「ちょ、美嘉!」

凛(渋谷)「はう……!」

美嘉「もっと、触ってほしい? 直接……肌に……大事なところに」

凛(渋谷)「どう、して……こんなに……」

美嘉「だったらちゃんと言わないと。自分から服を脱いで、足を開いて……ほら」

恭文「……」(どん引き)

美嘉「引くなぁ! アンタも踏んづけたじゃん!」

恭文「だってここ、今西部長のオフィス」

美嘉「じゃあ場所、移す? それで……さ、三人で……」

凛(渋谷)「さん、にん……もしかして、美嘉さん……」

美嘉「ア、アタシは大丈夫……フェイトさんからも、いろいろ教わってるし。
凛もこのままじゃ収まりつかないだろうし、仲直りのエッチってことで」

恭文「フェイトー! ちょっと話があるんだけど!」






※恭文「だってここ、今西部長のオフィス」

美嘉「じゃあ場所、移す? それで……さ、三人で……」

凛(渋谷)「さん、にん……もしかして、美嘉さん……」

美嘉「ア、アタシは大丈夫……フェイトさんからも、いろいろ教わってるし。
凛もこのままじゃ収まりつかないだろうし、仲直りのエッチってことで」

恭文「フェイトー! ちょっと話があるんだけど!」


◆◆◆◆

美嘉「というわけで蒼凪家にやってきましたー」

フェイト「わ、わたしは奥さんとして応援するよ。じゃぁ3人とも、ごゆっくりー」




恭文「待て」(首根っこを掴んで)

フェイト「ふぇ!?」

恭文「フェイト、お仕置きするから……座って」

フェイト「は、はいー」

美嘉「つまり四人……うん、いいよ。そういうのも、覚悟してたし」

恭文「違う!」

凛(渋谷)「私、そういう経験ないけど……でも、これもお仕置きなら」

恭文「おのれも受け入れるなぁ!」

美嘉「まぁまぁ、そう言わず」

恭文(すると美嘉が抱きつき、あの形のいい胸を……恥ずかしがりながらも、擦りつけてくる)

美嘉「坊ちゃま、まずはアタシからご奉仕させていただきますね……お手本は大事だし」

恭文「み、美嘉ー!?」

美嘉「いいから……アタシも凛と話したいし。こういうときはあれだよ、裸で真正面から」

恭文「それは心意気では!」









※凛(渋谷)「私、そういう経験ないけど……でも、これもお仕置きなら」

恭文「おのれも受け入れるなぁ!」

美嘉「まぁまぁ、そう言わず」

恭文(すると美嘉が抱きつき、あの形のいい胸を……恥ずかしがりながらも、擦りつけてくる)

美嘉「坊ちゃま、まずはアタシからご奉仕させていただきますね……お手本は大事だし」

恭文「み、美嘉ー!?」

美嘉「いいから……アタシも凛と話したいし。こういうときはあれだよ、裸で真正面から」

恭文「それは心意気では!」



◆◆◆◆

美嘉「それとも……最初は凛をいじめたい?実はさっきもドン引きしてる振りしながら、ズボンを大きくしてたもんねー」」

フェイト「や、やっぱりそうなの?(朝比奈の)りんちゃんとしてるときも、ヤスフミすっごく興奮してるし」

恭文「さっきから何言ってんの!?」

美嘉・フェイト「「だって名前にやすふみとりんって入ってる二人は相性最高で求め合うんだって万葉集に書いてあったし」」




恭文「アホかぁぁぁぁぁぁぁ! てーか脱ぐな脱ぐな……下着姿になるなぁ! というか、凛も!」

凛(渋谷)「お願い……触って」

恭文(凛はもう溜まらないと言った様子で、フェイト達と同じように……下着姿になる。
健康的な白いブラとショーツを晒し、こちらに迫ってくる)

凛(渋谷)「フェイトさん達と一緒でも、いい……おかしいの……もうゾクゾクして……我慢、できなくて」

美嘉「……実はアタシも……すっごく焼けて」

フェイト「今日はその、私も奥さんとして頑張るね。……えい」

恭文(フェイトは抱きつきながら、僕を押し倒す。それで笑ってキスをくれる。
毎日いっぱい……行ってきますやただいまのキスを交わしているけど、ドキドキは薄れない。
フェイトの甘い匂いで一気に高ぶると、美嘉が僕のズボンをさっと下ろしてくる。そうしてフェイトと交代で舌まで貪るような、深いキスを送ってきた)

美嘉「坊ちゃま、凛にいっぱい触ってあげてね……こっちはアタシと奥様で、エンジンかけてあげる」

恭文「そ、それは」

フェイト「ほら……凛ちゃん、もう我慢できないみたいだよ?」

恭文(我慢できないっていうか……美嘉と入れ替わりで、思いっきり唇を奪われる。
いきなり舌を差し入れられ、深い口づけを食らい……あれ……でも、気持ちいい。
どうしよう、凛に触れるのは確かに……情けないことにただ触れただけで、より深い繋がりを求め、自分からもキスを返してしまった)






※ フェイト「ほら……凛ちゃん、もう我慢できないみたいだよ?」

恭文(我慢できないっていうか……美嘉と入れ替わりで、思いっきり唇を奪われる。
いきなり舌を差し入れられ、深い口づけを食らい……あれ……でも、気持ちいい。
どうしよう、凛に触れるのは確かに……情けないことにただ触れただけで、より深い繋がりを求め、自分からもキスを返してしまった)


◆◆◆◆

フェイト「凛ちゃん、凄い……初めてなのにあんなに舌を入れて

美嘉「ぼっちゃまもあんなに求めて……やっぱり相性いいんだね。ここもこんなに大きくなって

フェイト「なら私たちがこっちのお世話しないとだね。いくよ美嘉ちゃん」

美嘉「はい、奥様」




恭文(凛のキスを受けている間に、フェイトと美嘉の舌が僕自身に絡みつく。
更にフェイト、美嘉の順に……口の中にも受け入れてくれて……うぅ、やっぱり気持ちいい。
フェイトの丹念かつ淫靡な動きも、美嘉の一生懸命な吸い付きも……どっちも、素敵だけど……!)

凛(渋谷)「蒼凪……プロデューサー」

恭文(凛は焦る様子で下着も脱ぎ払い、裸になってしまう。……両手で形よく、控えめに盛り上がった胸に触れ、更にキスを重ねる)






※ 恭文(凛のキスを受けている間に、フェイトと美嘉の舌が僕自身に絡みつく。
更にフェイト、美嘉の順に……口の中にも受け入れてくれて……うぅ、やっぱり気持ちいい。
フェイトの丹念かつ淫靡な動きも、美嘉の一生懸命な吸い付きも……どっちも、素敵だけど……!)

凛(渋谷)「蒼凪……プロデューサー」

恭文(凛は焦る様子で下着も脱ぎ払い、裸になってしまう。……両手で形よく、控えめに盛り上がった胸に触れ、更にキスを重ねる)



◆◆◆◆◆

美嘉「凛ってば、出会って間もない男の前で裸になってあんなに求めちゃうなんて…私より凛のほうがよっぽど淫靡だよねぇ」

凛(渋谷)「違、う……こんなこと、したことない…ないのに、体が熱くて、蒼凪プロデューサーに、もっと触って欲しくてぇぇぇ…私、止められない止められない…のぉぉぉ」




恭文(それは僕も同じだった。もう溜まらず……両手の中に収まっていた、柔らかい果実に貪りつく)

凛(渋谷)「あ……!」

恭文(右手では左胸への愛撫を継続し、右胸は柔肉も含めて味わい続ける。更に左手は、凛のお尻へ――。
形良く盛り上がったお尻を撫でながら、中指と人差し指、薬指で大事な場所を。
親指でいけないところを穿り、全身を刺激する。
凛の秘所からは既に甘い蜜が漏れはじめ、刺激によってそれは加速。その反応が嬉しくて、愛撫も、口づけも激しくなる)

凛(渋谷)「あ……凄い……全部、味わってくれて……どう、かな。美嘉さんや、フェイトさんに比べたら……小さいけど」

恭文「とっても美味しいよ……このまま、続けても」

凛(渋谷)「うん……!」

フェイト「むぅ……やっぱり相性いいんだぁ。ヤスフミの、また大きくなってる」

美嘉「ならアタシ達も……奥様」

フェイト「うん」

恭文(フェイト達は大きくも美しい胸を、その頭頂部で可愛らしく色づく柔肉を晒し、そっと僕のものを包み込んでくる。
お互いの肌が、柔肉が擦れ合い、二人の口から甘いと息が漏れる。……フェイトのフワフワな胸と、美嘉の張りと柔らかさが同居した胸。
両方の感触が……その違いが、四つの胸が動くことで一挙に襲ってきて、一瞬達しそうになる)

フェイト「ふわぁ……美嘉ちゃんと擦れ合うの、気持ちいい……」

美嘉「アタシもです。奥様……ん」

恭文(それで二人は飛び出す先っぽに舌を這わせながら、唇を重ね、舌も絡ませ合う)

凛(渋谷)「み、美嘉さん……そんな、女の人同士で」

美嘉「お嫁さん仲間だもの。これくらいするよ……」

フェイト「ん……ヤスフミも、私達が仲良しだと喜んで……くれるし。……ハーレムになってるの、未だに気にしてるから。
だから……凛ちゃんにも、後でしてあげるね。こうやって……キスして、胸を触れ合わせて……もっと、深いことも」

美嘉「そうだよ……みんなでエッチなことして、気持ちよくなるんだから」

恭文(フェイトと美嘉は、僕へ見せつけるように深いキスを続ける。……凛に押し倒されていなければ、今すぐお仕置きしてやるのに)

恭文「フェイト、美嘉、今の分もお仕置きに含めるから……」

フェイト「うん、いいよぉ。この大きいので……いっぱい、りんちゃんとしてるみたいに、激しくしてくれるなら」

美嘉「坊ちゃま、美嘉にもお願いします……まずはこのままイって、あたしと奥様に……マーキング、してください」

恭文(そう言いながら、二人の乳淫も激しくなる。揃ってキスとふれ合いを楽しみながら、全力の奉仕……す、凄い。
フェイトとはその、最近は毎日コミュニケーションしてるけど、年々淫靡になるというか……飽きとかそういうのもないし。
美嘉も……相性どうこうの前に、ご奉仕が凄くて。むしろ僕が押されっぱなしというか。
それで凛……いや、状況に流されちゃ駄目だ! お仕置き……お仕置きはするんだから!)






※ 恭文(そう言いながら、二人の乳淫も激しくなる。揃ってキスとふれ合いを楽しみながら、全力の奉仕……す、凄い。
フェイトとはその、最近は毎日コミュニケーションしてるけど、年々淫靡になるというか……飽きとかそういうのもないし。
美嘉も……相性どうこうの前に、ご奉仕が凄くて。むしろ僕が押されっぱなしというか。
それで凛……いや、状況に流されちゃ駄目だ! お仕置き……お仕置きはするんだから!)



◆◆◆◆◆◆

恭文(体を起こし、凛の胸を愛撫していた両手を離してフェイトと美嘉のお尻に手を伸ばす

美嘉「きゃっ」

フェイト「ヤスフミ…ふぁぁ!」

(2人のいけないところと大事なところへ同時にオシオキ。その刺激で2人は背中をのけぞらせ、僕自身を包んでいた胸や舌が離れる

それをちょっと寂しいと思いながらも迷わずオシオキ継続)

美嘉「あぁ、駄目ぇ……坊ちゃまぁ」

フェイト「いきなり、激しすぎだよぉ」

恭文「駄目なことなんてないよ、、これはオシオキなんだから」

凛「蒼凪…プロデューサー…」

恭文(両手を離した凛は寂しいような蕩けるような顔で僕を見つめていたかと思うと

僕の太ももにまたがって、フェイトと美嘉の離れた僕自身に大事な場所をこすりつけてきた)




凛(渋谷)「もっと、欲しい……私も」

恭文(凛からのキスを受け止め、二人を指先でいじめ……ふと思う)

恭文「……あれ」

美嘉「ぼっちゃま、どぅしたの……?」

恭文(美嘉は辛抱できないと言わんばかりに、僕と凛の間に滑り込み、凛と同じように自分の大事な場所をこすりつけてきた。
更に凛と抱き合い、胸を……先の柔肉をこすりつけながら、甘くもいやらしい律動を繰り返す)

凛(渋谷)「あ……み、美嘉……さん……!」

フェイト「うぅ……美嘉ちゃん……ううん、あの……凛ちゃんもいきなり入れたら辛いだけだし、私達がリードしない……とぉ……!」

美嘉「こういうのは先輩の役割だし。どう、凛……一緒に坊ちゃまを気持ちよくするのは」

凛(渋谷)「へ、変な気持ち……! 熱いのと、美嘉さんの柔らかいのが擦れて……何か、ドキドキする」

美嘉「なら、このままいくね。坊ちゃま……ん」

恭文(美嘉が振り返りキスを求めるものの、僕は顔を青くしていた)

美嘉「坊ちゃま? というかあの、どうしたのかな。なんか顔色が」

フェイト「ヤスフミ、もしかして体調が」

恭文「いや、その……何かを激しく忘れているような……」

フェイト「駄目だよ、今はエッチに集中しないと……はい」

恭文(フェイトの大きな双丘に顔を埋めて、自然とその柔肉に吸い付き、舌をでいじめてしまう。
うぅ、この味わいも新鮮そのもの……いっつもドキドキするんだけど、とても……大事なことを忘れているような)

ティアナ(……忘れてるわよ! アンタ達、私を置いてけぼりで何してるの!? いや、その……踏み込めない私も私だけど!
こ、ここは譲るべきなのかしら。でも、忘れられて寂しいから、ちょっと慰めてほしい気持ちもあるし……私、やっぱり可愛くないなぁ。
こうしてドアの前で右往左往して、聞き耳を立てて……も、もうアイツとは恋人同士なんだし、混ざったっていいのに)







※ フェイト「駄目だよ、今はエッチに集中しないと……はい」

恭文(フェイトの大きな双丘に顔を埋めて、自然とその柔肉に吸い付き、舌をでいじめてしまう。
うぅ、この味わいも新鮮そのもの……いっつもドキドキするんだけど、とても……大事なことを忘れているような)

ティアナ(……忘れてるわよ! アンタ達、私を置いてけぼりで何してるの!? いや、その……踏み込めない私も私だけど!
こ、ここは譲るべきなのかしら。でも、忘れられて寂しいから、ちょっと慰めてほしい気持ちもあるし……私、やっぱり可愛くないなぁ。
こうしてドアの前で右往左往して、聞き耳を立てて……も、もうアイツとは恋人同士なんだし、混ざったっていいのに)

◆◆◆


恭文(何か忘れてるような気がするけど、やっぱりフェイトの胸や僕の高ぶりにこすり付けてくる
美嘉と凛の大事なところの感触に溺れてしまう…中でもやっぱり凛との相性はいいみたいで

絡みつく熱い蜜が本当に気持ちいい…と言うか、本当に我慢できない。…今すぐもっと深く繋がりたくなる)


ファイト「うぅ…恭文、やっぱり凛ちゃんと相性いいんだね」

美嘉「むむ、もともと凛のお仕置きなのに……なんか悔しい」

凛(渋谷)「あぁん♪…ご、ごめんなさい…」

ティアナ「なら、凛にはもっとお仕置きしましょう」




美嘉「そうだね。じゃあ……え」

フェイト「ティア!? ど、どうして!」

ティアナ「……美嘉やコイツに忘れ去られていたせいですよ! それで追いかけたら……なんですか! 四人で盛り上がってるって!」

恭文「忘れていたの、これだ……! ご、ごめん! これにはその……ごめん!」

美嘉「ごめん、ティアナさん! こ、これについてはその、アタシの提案が大きいというか」

ティアナ「ああもう、いいわよ。私も混ぜてもらうし」

恭文(ティアはさっと服を脱ぎ、黒の下着姿となる。それもすぐに外して……形良く盛り上がった豊かな胸と、くびれた腰……この場で全てを晒す。
その上でフェイトの反対側から迫り、僕の唇を奪ってくる。なのでフェイトと同じように……左手でお尻を撫でて、そこから秘所といけないところを同時に攻撃)

ティアナ「あ……んうぅ」

恭文(どんどんキスは激しくなって、ティアも愛液を漏らし始める。その上で胸が顔に押しつけられ……上向きの柔肉を口に含み、舌で弾く。
もちろん右手ではフェイトにお仕置き……うぅ、更に贅沢なことになった)

ティアナ「そう……いい。凄くいい……一気にスイッチ、入っちゃう……」

美嘉「ティアナさん、早速……いやらしくなってぇ。というか坊ちゃまも、腰の動き……激しくなって……!」

凛(渋谷)「あ、熱い……熱いの、いっぱい……!」

フェイト「うぅ……ヤスフミ、ティアとも相性がいいんだよね」

恭文(フェイトの胸も味わい、ティアと交互に……更にティアの秘所にも指二本を挿入し、優しくピストン。
少し激しくはあるけど、ティアの調子を見つつ、痛くないように……)

フェイト「いっぱい、いっぱい……りんちゃんみたいに、求め合って」

ティアナ「だって、仕方ない……じゃないですかぁ。本当に、相性いいし。
毎日じゃないと、我慢、できないしぃ……でも、ここまでぇ」

恭文(ティアの胸をまた味わっていると、優しく制される)

ティアナ「美嘉、交代……凛へのお仕置きは私からやるわ」

美嘉「ん、分かったぁ」

恭文(ティアと美嘉は入れ替わり……美嘉が脇から唇を重ねてくる。それで、二人の秘所に重なり……更に、蕩けて……!
左手は改めて、美嘉のいけないところを秘所を責め上げ、同時に美嘉の胸に吸い付き、柔肉を舌で弾いて)

美嘉「あぁ……! 坊ちゃま、美嘉の胸、美味しいですか?」

恭文「ん……とっても、美味しいよ。美嘉のご奉仕はいつでも素敵だ」

美嘉「嬉しいです。でも今日は……凛やティアナさんみたいに、いっぱい……激しく、求めてほしいです」

フェイト「お願い、ヤスフミ……辛いときはちゃんと言うから……同じように、愛して?」

恭文「……うん。それで……ティアナ、凛」

ティアナ「大丈夫よ……お仕置きの最中だから。ほら、凛……こうやって身体を擦りつけるのも、やっぱり心地いいでしょ」

凛(渋谷)「うん……! ティアナさんの身体も、凄い。胸も大きくて、肌も、吸い付いてきて」

ティアナ「そりゃあ、毎日コイツと頑張ってたら……自然とね。それでね、こういう風に……フェイトさんや、朝比奈のりんともいっぱいするのよ」

恭文(そう言いながら、ティアナは凛とより密着……その唇を奪ってしまう)

凛(渋谷)「んん!? んん……うぅ」

恭文(更に身体を密着させながら、凛のいけないところに指を挿入。腰の動きを加速させる)

凛(渋谷)「ティ、ティアナさ……駄目、駄目ぇ……!」

ティアナ「駄目じゃないわよ、お仕置きだもの。……お尻も感じるんでしょ? コイツに穿られて、開発されちゃったから」

凛(渋谷)「うん……でも、蒼凪プロデューサーじゃないのに……女の子、同士なのにぃ」

ティアナ「いいのよ。これはお仕置きなんだから……後で美嘉からも、先輩として可愛がってくれるわよ」

恭文(更にティアナは、凛と二人がかりで僕を包み、腰を動かしながら……凛の首筋や鎖骨にキス。
そのままお椀型の胸に舌を這わせ、柔肉やその肌の柔らかさを味わっていく。凛はそれに溜まらず、嬌声を上げ続ける)

凛(渋谷)「あ……す、凄い……! ティアナさん、ティアナさん……蒼凪プロデューサーも、凄いぃ!」

美嘉「わぁ……ティアナさん、エロい」

フェイト「うん……でも、凛ちゃんも気持ちよさそう」

ティアナ「りんのやつに、散々セクハラされたせいですよ。……でも、これ……私もヤバいかも。
やっぱアンタと触れ合うの、凄くよくて……アンタも、そうよね」

恭文「うん。ティア、奇麗だよ……」

恭文(両手で美嘉とフェイトを可愛がりながら、振り返ったティアナと舌を絡ませ合う。
そのまま腰の動きをより激しくして……! すると、お返しに凛も……打ち震えながら、ティアナの双乳に触れる。
そうしてリズミカルに揺れる乳房を揉み上げ、柔肉を舐め上げる。それでティアナが甘い声を放ち、また甘い吐息を漏らす)






※恭文(両手で美嘉とフェイトを可愛がりながら、振り返ったティアナと舌を絡ませ合う。
そのまま腰の動きをより激しくして……! すると、お返しに凛も……打ち震えながら、ティアナの双乳に触れる。
そうしてリズミカルに揺れる乳房を揉み上げ、柔肉を舐め上げる。それでティアナが甘い声を放ち、また甘い吐息を漏らす)


◆◆◆



恭文(そしてティアもまた凛の胸を揉みあげる。そうして二人でお互いを高めあった結果、2人そろって僕に擦り付ける腰の動きも激しくなって)




凛(渋谷)「駄目……これ、無理ぃ! イク、イク……イク……!」

ティアナ「私も……ね、アンタも、よね。一緒に……お願い」

恭文「うん、僕も……もう、駄目……!」

恭文(二人の律動に合わせて腰を動かしていくと、自然と……フェイトと美嘉に仕置きする両手も、その動きを増していって)

フェイト「私も、だよぉ……ね、みんな……一緒にだよ?」

恭文(更に……フェイトと美嘉から押しつけられ、こすり合う二つの柔肉……それに吸い付き、同時に舌で弾く)

美嘉「あぁん! 奥様と、一緒にぃ!」

フェイト「これ、凄い……凄いよぉ! イク、イク……美嘉ちゃんとも一緒に――ふぁあああああ!」

恭文(そうして……僕達は揃って絶頂を迎える。堰を切ったように、ティアナ達の合間に吐き出される僕の欲望……。
更にティアナ達も、フェイト達も、その秘所から愛液を溢れさせて……)

凛(渋谷)「あぁ……熱い……熱いよぉ。それにすごいぃぃ……一人でイクのと、全然違う。こっちの方が、好きぃ……!」

恭文(フェイトと……美嘉と、ティアナ、凛……それぞれに、絶頂の余韻を伝え合うように深いキスを送る。
更にフェイトと美嘉には、二人の愛液でびっしょり濡れた指もプレゼント。自分の味を堪能してもらう)

フェイト「んぅ……意地悪ぅ」

美嘉「でも、凄く気持ちよかったぁ。坊ちゃま、美嘉……幸せです」

恭文「それは嬉しいけど、まだお仕置きは続けるよ? ……結局フェイトとのご奉仕を中断しちゃったわけで」

美嘉「はい……坊ちゃま望むままに、美嘉を躾けてください」

ティアナ「なら、今度は美嘉が凛とエッチしながら、コイツを喜ばせないとね……ん」

恭文(振り返ったティアナのキスを受け止めている間に、凛はティアナや自分のお腹に付いた白い欲望を舐め取る。
そのままさらけ出されたティアナのお腹に吸い付き、奇麗にした上で……僕のものを口に迎え入れ、味わい始めた。
……その電流に等しい快感にときめいている間に、凛の口戯は激しさを増して)

恭文「ん……りん」

凛(渋谷)「終わったら、こうして……奇麗にしてあげるんだよね。その、嫌だったかな」

恭文「そんなことないよ。でも……気持ちよすぎて、またいっぱい出ちゃいそうだから」

凛(渋谷)「いいよ。私にも、お仕置き……するんだよね。私の口……蒼凪プロデューサーのお(ぴー)、気持ちよくする場所に……して?」

恭文「……なら、そのまま続けてくれるかな。嫌なら吐きだしていいから」

凛(渋谷)「ありがと」

恭文(そうして凛の口戯は再開……どうしよう。本当に、相性ってあるのかも。確かに凄く……気持ちいい。
それを紛らわせるように、奇麗になった手でティアナの胸を揉み上げ、その柔肉を摘まんでいじめる)

ティアナ「アンタ、気持ちよさそう……またイッちゃうの?」

恭文「うん……! でも、ティアナもさっきはいっぱい感じてたね。僕より凛の方がいいのかな」

ティアナ「そんなこと……ない、わよぉ。アンタに、触れられてるだけで、私も……!」

フェイト「うぅ、これもお仕置きなのかなぁ」

恭文「そうだよ。フェイトは最後の方……と、というかお願いします。ティアナについては、放置した件があるので……!」

フェイト「それもそっかー」

美嘉「だ、だったらアタシも、ティアナさんにはいっぱいご奉仕する感じで……!」

恭文(そんなことを言っている間に、どんどん快感が高まって……絡まる舌と柔らかい口内の刺激に耐えきれず、欲望を解放する。
凛は口内に出された熱に驚きながらも、先ほどと変わらず吸い立て、飲み干してくれる。
それが気持ちよくて、二度三度と続く断続的な絶頂に、そのまま身を委ねた。
でも、これで終わりじゃ……ないよね。僕も、凛のことが欲しくなってるから)








※恭文(そんなことを言っている間に、どんどん快感が高まって……絡まる舌と柔らかい口内の刺激に耐えきれず、欲望を解放する。
凛は口内に出された熱に驚きながらも、先ほどと変わらず吸い立て、飲み干してくれる。
それが気持ちよくて、二度三度と続く断続的な絶頂に、そのまま身を委ねた。
でも、これで終わりじゃ……ないよね。僕も、凛のことが欲しくなってるから)

◆◆◆

恭文「凛、口でするのはもういいから横になってくれるかな?」




凛(渋谷)「ん……」

恭文「それと、すっごく気持ちよかったよ……ありがとう」

恭文(凛にはちゃんとお礼を言った上で、ティアナとの密着を解除。
ベッドに横たわった凛は、蕩けた顔で両足を開き……両の指先で、秘所の陰部を押さえて優しく広げる)

凛(渋谷)「いいよ……今度は、ここで気持ちよくなって……」

恭文「本当にいいんだね。恋人でもなんでもない……ただお仕置きのために、凛はバージンを奪われるんだよ?」

凛(渋谷)「いいって、言ったよ? もう、我慢できない……口だけじゃない。ここにも、お仕置きしてください。
私の全部を、蒼凪プロデューサーが気持ちよくなるための場所に……して、ください」

恭文「分かった……ゆっくりいくから、力を抜いて」

凛(渋谷)「うん……」

恭文(さすがにフェイトや美嘉、ティアナ達も何も言わない。みんなが静かに見守ってくれる中、凛の入り口に僕自身を宛がい)

凛(渋谷)「ぁ……」

恭文(柔らかく蕩ける中を、ゆっくり押し広げる……でも、抵抗らしい抵抗はほとんどなくて)

凛(渋谷)「あぁ……あああああ……!」

恭文(凛は引き締まった身体を、お椀型の可愛らしい胸を震わせ、自分から腰を動かし、挿入をせがむ。
それに誘われるまま、しっかり……凛の入り口から再奥まで、僕のものを受け止めてもらう)

凛(渋谷)「ああああ……ああああ……んぅ!」

恭文「凛……」

凛(渋谷)「何、これぇ。気持ちいい……全然、痛くないの」

恭文(凛自身も混乱した様子で目を開く。血も出ておらず、そのまま僕達は肌を重ね……どちらからともなく腰を動かす)

凛(渋谷)「あん! それ……それぇ! やっぱり、気持ちいい!」

恭文「僕もだよ……本当に、痛くないんだね」

凛(渋谷)「うん……!」

美嘉「ほらぁ……やっぱり相性抜群だったんじゃんー」

フェイト「凛ちゃん、最初から気持ちよくなって……うぅ、いいなぁ。やっぱりりんちゃんやティアの方が、凄く求めてるし」

ティアナ「でも、お仕置きって忘れちゃ駄目よ?」

恭文(ティアナは僕の後ろから抱きつき、胸を擦りつける。うぅ、ティアナの胸も凄く触り心地がいいから、なんかゾクゾクして……!)

凛(渋谷)「ひゃん! あ、蒼凪プロデューサーの……なんか、凄く大きくなって……!」

ティアナ「コイツ、大きな胸を意識すると、どんどん高ぶるのよ。繋がりながら胸を愛撫されるとね、ほんと……中から押し広げられて、凄いんだから」

凛(渋谷)「でも、私の……触ってたのに……」

ティアナ「だからお仕置きよ。……私の胸で大きくなったので、アンタは初エッチを奪われ続けるの」

恭文「そ、それだと僕が駄目なのでは……!」

ティアナ「いいの、お仕置きなんだから」

恭文(凛と手を繋いで、お互いに腰をぶつけ合う中……ティアナの方へ振り向き、唇を奪われる。
二人の温もりにサンドイッチにされ、言いようのない幸せに包まれながら、蕩ける凛の中をどんどん……ペースを上げて責め立てる)







※ 凛(渋谷)「でも、私の……触ってたのに……」

ティアナ「だからお仕置きよ。……私の胸で大きくなったので、アンタは初エッチを奪われ続けるの」

恭文「そ、それだと僕が駄目なのでは……!」

ティアナ「いいの、お仕置きなんだから」

恭文(凛と手を繋いで、お互いに腰をぶつけ合う中……ティアナの方へ振り向き、唇を奪われる。
二人の温もりにサンドイッチにされ、言いようのない幸せに包まれながら、蕩ける凛の中をどんどん……ペースを上げて責め立てる)


◆◆◆◆

凛「ひゃっ、あう、ああっ!凄い、凄いよぉぉ。蒼凪ぷろでゅーしゃーの、大きくなったので、エッチされるの本当にぃ」

ティアナ「そうね、でも忘れちゃ駄目よ。それは私の胸で大きくなったんだから。
アンタ一人だけじゃ、その気持ちよさは再現できないんだから」

恭文「そ、そんなことはないのでは」

凛「おっきい胸…未央とか、かな子とか?」

美嘉「あ、それいいね。あの子たちにもお仕置きは必要だったんだし」




恭文「おいこら待て!」

ティアナ「ほら、集中して……もうすぐイキそうでしょ?」

恭文「いや、その前に……んん……!」

凛(渋谷)「あ、ああああ……あああ……大丈夫、だからぁ! このままで……お仕置き、してぇ……!
私の中まで、蒼凪プロデューサーのものに、してぇ!」

恭文(話している間も、腰が止まらない……凜の中、本当に絡みついて、僕のを絞り取るようにうねって……これ、本当に長く持たない……!)








[*前へ][次へ#]

5/14ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!