[携帯モード] [URL送信]

[前]夜空舞う、銀の蝶
2


ベンチに座っていた蒼の子が立ち上がり、近付いて来た。


私より背が高くて、蒼い髪から綺麗な赤と青のオッドアイが見える。


「僕は、…骸、と言います」


骸。六道 骸。


何処かで、聞いた名前…

あれ?何処だっけ…



「思い出そうとしなくて良いんですよ?」

「…え…」

「ゆっくり思い出せば良いんです」



…ゆっくり、ゆっくり。
甘い生クリームのように白い






に包まれて…



「こっちに来なさい」

骸さんが呼べば、紅の子が骸さんの隣に立つ。

紅の子は小さくて、紅い髪の隙間から見える真紅の右目は怯えているように見えた。
顔の左側は包帯で良く見えない。


「この子は、マリアと言います」

と呼ばれた子は骸さんの服の裾をぎゅっと掴んで、後ろに隠れている。



「この子は人が苦手なんです。良い子なので仲良くしてあげて下さい」



悠嘉…






───…あれ?


何、今の…


「夢、なの?」


現実[リアル]な夢。







(夢…)

(また、見れるかな)

[*前へ][次へ#]

10/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!