[携帯モード] [URL送信]

[前]夜空舞う、銀の蝶
夢ノ中


青い薔薇が一面に咲いていて、水の上にいるみたい。


空は暗い、夜空。
月と星が輝いている。


沢山の蝶がいて、色が違う。




そんな場所に不釣り合いな真っ白なベンチ。
ベンチに座っているのは



紅と蒼の、子供。



…おや



ベンチに座っていた子が振り向く。


「…君は、誰です?」


私?私は…





…あれ?







ダレ、ダッケ?




自分の手を(たぶん)見れば
空間が歪んだような、そんな感じになっていた。


「もう一度聞きます…

君は、誰ですか」



私、は…






夜空…悠嘉…





蒼の子は、にっこりと微笑んだ。


「悠嘉、良い…名前ですね」





久しぶりに呼ばれた、本当の名。







(忘れかけていた)

(私自身)

[*前へ][次へ#]

9/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!