[携帯モード] [URL送信]

[前]夜空舞う、銀の蝶
迷子


「ふーん、日本[ジャッポーネ]から…」

「うん…」



…今、取り敢えず事情を説明中。

てか獄寺君とビアンキさん、一緒にいて大丈夫なんだ。
…そうだ、初めてポイズンクッキングを食べるのは6歳の時だ。今は私と同い年だとすれば…5歳だもんね。



「わかったわ、私達もそのおじいちゃん探しを手伝うわ」

「有り難う、ビアンキさん」

「ケッ…」

獄寺はこの頃から口が悪いのか?
てか今って獄寺なのか?
ビアンキの母親の子って事になってるから…名字違う?
じゃあ…

「…隼人君」

「あ?」

「宜しくね」


笑ったつもり、

手を差し出して(たぶん)微笑んだ。
隼人君は固まって、手で顔を覆って
握手してくれた。

…やっぱり、ピアノ向きの手だ。
この手を…血で濡らす事になるのだろうか…



「九代…じゃない、おじいちゃーん」

「蝶のおじいさん、いませんかー」

「…」

右にビアンキさん、左に隼人君、真中に私
という順番で手を繋いで歩いた。

未だに九代目が見つからない。

もし、見つからなかったら…





野宿?



いやいやいや。野宿は無いっしょ。
無理だよ。無理無理。


一人で暗くなっていると、
目の前に黒い車が一つ、止まった。







(あぁ)

(また一波乱起きそうな予感)

[*前へ][次へ#]

5/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!