[携帯モード] [URL送信]

[前]夜空舞う、銀の蝶
2


ガッ



バッ





キィィンッ!!

しゅぅぅ…

「ッハァ…」

「きっつ…」


今、バジル君と死ぬ気丸を飲んで修行中。
漫画を見てた時は、そんなわきゃねーだろ、ぐらいに考えてたけど…

以外にキツいわ、これ。


「大丈夫ですか?夜空殿」

「う、ん…大丈、夫…」

てかバジル君のがキツそうだよ。

10分ぐらい死ぬ気になれるようになったけど(勿論服は脱げてないよ!)、それ以上はまだキツい。

もっと…頑張らないと。



「それにしても…夜空殿の武器は珍しいですね…何処でそれを?」

そこまで珍しくもないけど、たぶんデザインの事だろう。
私もコレ以外に見た事ないよ。


「これはね、お母さんがくれたの」

「母…華蝶殿ですか?」

「うん」


お母さんが私がまだ小さい頃(今も小さいけど)、稽古の時にくれた物。
これは…私の宝物だ。



「そうなんですか…
華蝶殿の話をしている夜空殿、笑顔が綺麗です」

「…そう、かな」

ニコニコ可愛い笑顔でそんな事を言うもんだから、
少し照れたじゃないか。

…でも、笑顔が綺麗…か…







(お母さんみたいに)

(笑えてたのかな)

[*前へ][次へ#]

2/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!