[携帯モード] [URL送信]

[前]夜空舞う、銀の蝶
3



「油断するな沢田!!」


ツナは倒れたまま涙を流していた。

が、リボーンが銃を構えたのを見ると
瞬時に状況を把握して、京子に嫌われると判断した。
そう考えるとすぐに死ぬ気弾を撃たれないように額を隠した。


「ならこうだ」



するとリボーンは
…ツナではなく、了平先輩を撃った。


ええ゙───!!
お兄さんに死ぬ気弾撃ったの──!!?



そう言ったツナに対し
リボーンは、二人に撃てばあいこだろ?なんて言った。


その時、モコモコと了平先輩の体が動き出し
了平先輩が出てきた。
勿論、死ぬ気の炎を灯して。


うわあああ!


死ぬ気の了平先輩にツナは瞬殺されると思った。
だが、それはすぐに外れた。

死ぬ気の了平先輩は、立てんのか?とツナに手を差し延べ
立てるなら続ける、と言い出した。


あれ…了平先輩は、

全然、変わっていない。


つまり…







(普段から死ぬ気な人に)

(死ぬ気弾を撃っても効かない)

[*前へ][次へ#]

3/5ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!