[携帯モード] [URL送信]

ー青空の下でー
8









「え?」








「先輩が残りの
カップケーキ食べないなら





俺に全部ください。」








「へ」








「俺に全部、ください」







「でも…本当無理しないで
いいよ」





「いや、良いから」








一瞬声が低くなった気が
して、しょうがなく袋ごと
宮本君に渡すと







飛びきりの笑顔になって







「ありがとうごさいます」







と言うと、自分のクラスへ
帰ってしまった。




それを見ながら
私が唖然としていると、







隣にいた高田が、








「あいつ、絶対無理してる
よな」







と言ってきた。







「‥‥だよね」







と私が言い返すと







「だってあのケーキ、



1個でも食べるのしんどいぜ」






と言うので








「やっぱ、返してもらって
くる」







と私は言うと、
宮本君の教室まで、走って
行った。







前*#次

9/12ページ

[戻る]


無料HPエムペ!