[携帯モード] [URL送信]

ー青空の下でー
7








「本当に…後悔するよ?」







「後悔しません」







「じゃあ、1個あげるから、
食べて駄目だったら、
捨ててね」








そう言って私が
カップケーキを袋から1個
取り出すと



静かに宮本君の掌の上に、
乗せた。




すると、宮本君は、
そのカップケーキを一口
食べた。









「‥‥先輩」









数秒後に、宮本君が
私を呼ぶ。







「‥‥はい…」









「これ、全然まずくない
ですよ。






美味しいじゃないですか」
















思いがけない感想に、
私も高田も声を揃えて驚く





そして
宮本君はぺろりと1個を
その場でたいらげると、





私の前に
もう一度、右手を
差し出した。










前*#次

8/12ページ

[戻る]


無料HPエムペ!