[携帯モード] [URL送信]

ー2000HIT企画小説ー
5









「‥‥そんなの、コイツですよ」








隣の1年生が、
あの女の子を指差す。









「‥‥は?



‥ケ…イ‥‥ジ…?」








「はい。

俺、宮本 圭二朗って
いいます。」









小動物のような女の子は
ニコッと笑った。








‥ん?!ケイジロウ?








「君って‥な…‥の?」




私が静かに言うと、

「はい」

と彼女‥‥いや、
宮本圭二朗は、頷く。








「こいつ、文化祭で
こんな格好させられてますけど、



立派とした健全な

っすよ!!」








隣の、名前も知らない
ような1年生坊主が

白い歯を見せて笑った。








「大下先輩。俺まだ、
あきらめてませんから!」







宮本圭二朗は、

私に


宣言した。


灼熱の太陽の下で。







*前*#次#

6/12ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!