[携帯モード] [URL送信]

愛の歌(完)
5
そして3日目。
俺は学校を初めてサボった。ポケットにはMDプレーヤーと自転車の鍵を入れた。

急いで自転車を走らせた。

ココから大野さん家まで30q。

…頑張るしかない。


お昼になった。

おにぎりを食べた。
食べおわると、また自転車をこいだ。

15qほど走った後、自転車がパンクした。
最近サキを乗せ隣町まで毎日行っていたせいかもしれない。

しかし俺には、自転車のパンクを直すテクがあった。
言うのを忘れていたが、ウチは自転車屋だ。店名は『チャリ子』という。

それでも自転車を直すのは大変なので時間がかかった。

腕時計を見ると4:00になっていた。

そろそろまずいかもしれない。

俺はさっきよりも自転車を飛ばした。





[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!