[携帯モード] [URL送信]

愛の歌(完)
4
「陸に…陸にあわなければ良かった。
そうすれば、何事もなく大野さん達と暮らせたのに‥」
「サキ…」

「3日後に大野さん家でパーティーがあるの。
私を皆に紹介するんだって。陸どうしよう。私、大野さん家に絶対住まなきゃならなくなる。
嫌だよ。前みたいに陸と一緒に帰って、笑ったりしたいよ…」
サキは拳を握りしめ俺に訴えかけた。

「サキ」

俺はサキの名を今まで以上に優しく、愛しく呼んだ

「‥俺がお前を助けに行ってやる。3日後のパーティーに絶対行って、お前をさらって…皆に紹介される前に。」

「…その後は?どうするの陸?」

「分かんない…‥今はそれしか考えられない。」

今の俺達の考えなんて
その場かぎりの思考にすぎないってことはわかってるんだけど
でも希望がある
目の前にはわずかな光が見えるから
どうか信じてみたい


サキは少し俯いてから真っすぐと俺の目を見つめた

「…うん。待ってる。私、陸のこと、信じてる」

―陸ノコト 信ジテル―

その一言が俺の胸にずしんと響いた


次の日も次の日もサキは学校に来なかった。
時は着々と近づいてきている。
担任は、サキの休みのことを"忙しいんだ…"とその一言で片付けた。

大人なんて実際、
関わりたくないことには首を突っ込まない

俺はそんな大人には絶対なりたくない



[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!