[通常モード] [URL送信]

愛の歌(完)
1
「陸。私今日、陸より早く起きた
嬉しそうにサキが言った。「ハイハイ。良かったな‥全くお前はそんなことで喜ぶなんて…;」
「ムッ!私は嬉しいの!!」

‥俺とサキは中学1年生の時から付きあっている。
サキいわく、俺とサキは運命の赤い毛糸で結ばれているのだそうだ。

なぜ毛糸かって?
昔俺も同じ事を聞いたことがある。
何でも糸より毛糸の方が太くて切れにくいから一生の恋人になるのだそうだ(苦笑)
「陸、今日はハンバーガー食べに行こう。」
「わかったって。」
「じゃぁ早く自転車用意してっ!!」
「わかった、わかった…」
俺は仕方なく自転車を用意した。

サイキンのサキはHighテンションだ。
俺たちは隣町のハンバーガー屋まで自転車を走らせた。




[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!