[携帯モード] [URL送信]

愛の歌(完)
11

「聴けば??」

「何の曲入ってるの…??」

「良い曲だよ」

「ふぅん」

静かにサキは、イヤホンを付けると聴き始めた。
俺の背中に寄りかかっていたサキは不意に、

「ブルーハーツだ…」

と呟やき、鼻歌を歌い始めた。

春風が俺等を吹きつけた

明日は何が起きるだろう?

今日は色々あった。

いそがしすぎて明日筋肉痛になるかなぁー…





[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!