[通常モード] [URL送信]

愛の歌(完)
10
大野さん家を出ると、まっさきに自転車の元へ駆け出した。
鍵は付けっ放しだったのでサキを後ろに乗せると俺たちは、スピードをあげ大野宅から、離れた。

しばらくすると、何人か追いかけて来た者達も諦め引き返して行ってしまった。


「これからどうするの?」

「分からねぇ」

「そっか…」

「でも明日、大騒ぎになるよね…」

「明日まで、身をくらます??」

「(苦笑)」

俺たちは、そんなたわいもない話をしながら、自転車を走らせた。

しばらくすると自転車を止め、俺はMDプレーヤーをサキに渡した。





[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!