[携帯モード] [URL送信]

愛しき殺し屋
密事5


甘い愛の囁きが溢れる甘美な雰囲気の中、凜の唇は徐々に下方に降りて来る。


「えッ……や……」


固く閉じられた真雪の脚を割り、蜜滴る下腹部に凜は顔を埋めた。


「凄く濡れてるな……」

「言わないで……、ゃあ!あ、凜……ああッ!」


花弁を押し分け、紅く充血した花芽を舌先で突っ突く様に愛撫する。

溢れた蜜を絡め花芽に撫で付ければ、真雪の声は益々高くなる。


「シーツにまで零して……。真雪、気持ち良いのか?」


いやらしい水音が真雪の耳に届き、こんな事をしては駄目だと思いながらも、身体は素直に反応している。
あられもない姿を凛に見られ、真雪は羞恥で涙が滲む。

そんな真雪に気付いても、凛の舌は絶えず花芽から離れようとはせず、ゆっくりとした動きで花弁を指でなぞり始めた。


「や……だ……、凛さん……、や……、あ!あぁ!や、ん……あぁん!ひ、あああっ!!」

「指一本でこんなキツイんだ、しっかり慣らしてやる」


差し込んだ指を増やし、熱く濡れそぼった蜜壷で蠢かせる。

中で曲げられた指は真雪の感じる箇所を的確に触れ、快楽から目の前が白んでくる。


「あ、あ……、身体が……イ……。やッ、あんっ!だ……め、おかしく……なっちゃ、う……ッ!」

「真雪……」


真雪の喘ぎに優しくしてやりたいのと、今すぐにでも繋がりたいと思う気持ちに挟まれる。


乱れる真雪にギリギリで踏ん張る理性は爆発寸前で、凜は身体を起こしベルトを外した。

だらりと腕を投げ出した真雪の身体に覆いかぶさり、大きく張り出した凜自身を濡れた真雪の蜜壺へとあてがい進み入る。


「ひッ、あ、凜さ……、大き……い……ッ!」

「……ッ、力を抜け、真雪の身体がキツくなる……。息を吐け……、ほら……」


熱い杭を打ち込まれた真雪は、苦悶の表情を浮かべる。


「苦しいか?……だが、止められない。すぐに、良くしてやる……」

「あッ!あん、あ、や、凜さ……ぁん、壊れちゃ……ああッ!」


激しく抜き差しする凜は真雪の指に唇を落とし、悪戯に啄んだ。そしてそれは熱く濡れた口内へ含んだ。

真雪の細い指に凜の舌が絡まり、何度も舌を這わせ丁寧に舐めとる。

ぞわぞわとした快楽が真雪を襲い、蜜壺からは蜜が溢れ下半身の痛みは徐々に薄れてゆく。

ヌルヌルと愛液が溢れてくると、結合する箇所がスムーズになって動きが加速する。


真雪の指から唇を離し、凜は指を絡め真っ白なシーツの上で握り締めた。


「真雪、可愛いな……。ずっと俺の側に居るんだ、ずっと……」

「凛さ……ん、あッ!ぁんん……、ンふ……、んっ!」


甘い口付けに快楽が羞恥を上まり、真雪は何も考えられなくなる。




[*前へ][次へ#]

7/46ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!