[携帯モード] [URL送信]

愛しき殺し屋
朝1



「おはようございます、ライカくん起きてる?」


ノックをして声をかけても返事が返ってくる様子がなく、真雪はドアを開け部屋に入って行った。


「ライカくん朝ご飯だよ?起きて」

「ううううーん。もうちょっとー……」

「もうちょっとって、どれくらい?」


モゾモゾと大きなベッドで丸くなるライカを横目に、カーテンを開ける。
薄暗い部屋に朝日が入り、一気に明るくなった。


「あと5ふ……ん?真雪ちゃんっっ!?」


急にライカが起き上がった事に驚き、真雪は瞳を見開き笑みを見せた。


「おはようライカくん、朝食できましたよ」

「真雪ちゃん、ちょっとは……元気に、なった?」

「うん、心配かけてごめんね。昨日は来てくれてありがとう」


カーテンを端で留め笑顔で応える真雪に、ライカはベッドから駆け下りて抱きついた。

男性にしては色の白い腕が真雪の身体を包み、薄いTシャツにスウェットのライカの身体が密着し体温が伝わる。


「ラ……ライカくん?」

「良かった、本当に良かった」


ライカの突然の行動にどうして良いかわからず、言葉が出ない。


「ちょっとだけ、このままでいさせて……」

「う……ん」


背中に回されたライカの腕が強くなり、真雪はソッとライカの背中に腕を伸ばした。


「昨日は本当にごめんさない、もう黙ってあんな事しないから」

「もう心配かけないで。僕じゃ頼りないかもしれないけど、何でも言って。真雪ちゃんの力になりたいんだ、一人で何でも抱え込まないで……お願いだよ」

「……うん、ありがとう」


真雪の答えに満足したのか、ライカは身体を離し少し潤んだ瞳で満面の笑みを見せた。


「よし、じゃあご飯食べに行こっ!」

「これから和泉くんも起こさなくちゃいけないんです。だからライカくん先に行っててください」

「和泉なんか放っておいても大丈夫だよー」


先を急ごうとする真雪に、ライカは言葉をかける。


「そんなわけにいきませんよ、じゃあまた後で。……さっきのライカくんの言葉すごく嬉しかったです」

「真雪ちゃん」


真雪は微笑み、気恥ずかしさからかすぐに部屋を後にした。





[*前へ][次へ#]

6/21ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!