[携帯モード] [URL送信]

三周年記念
7



***



「ん、ふっ……うぅ」


ジュルジュルという唾液の音が、貴司の鼓膜を中から揺さぶる。
口で聖一の前を寛げ、殆ど兆しの無かったペニスへ貴司が舌を這わせてから……十分程が過ぎていた。


聖一のそれは勃ち上がり、口に含むも大変だけど、彼が良いと言ってくれるまで止める事は叶わない。


―――なんで、こんなっ。


「んっ……んふぅっ」


「もっと、奥の方まで咥えて」


始めて少し経った辺りで、口を離して休憩したら、尖りのリングに細い鎖を通されそれを引っ張られた。


「ん、う゛ぅっ!」


少しでも気を抜いたりすれば違う責め苦が待っているから、懸命に口を動かすけれど徐々に顎が動かなくなる。


「貴司、美味しい?」


「ん、んぐぅっ」


喉の奥まで突っ込まれ、それでも貴司は動ける範囲で必死に何度か頷いた。どれだけ自分が聖一を好きか伝える術はそれしかない。


「可愛い。貴司はホント、可愛いよ」


「ん、んぅっ……ふぅっ!」


ピアスの鎖を強く引かれ、ペニスで喉を何度も突かれて、えづいた貴司は頭を振るけど、彼の大きな掌で髪を掴まれてるから動けない。


紡ぐ言葉の穏やかさとは全く逆の行動に……涙が出そうになってしまうが、必死に堪えて貴司は彼の太いペニスに舌を絡めた。


「こういうのも、好きだよね」


「んぐぅっ!」


舐める内、質量を持った自身のペニスを爪先でツンとつつかれて、貴司は腰を引こうとするが、許さないとばかりに股の間に脚が差し込まれ、足の甲を器用に使って尻を手前へと引き寄せられる。


「こっちの孔も、きっとヒクヒクしてるんだろうね」


「んっ、ふぅっ」


抵抗できずに呻いていると、爪先で、アナルをトン突つかれた。
聖一は靴を脱いでないから、ひんやりとした革の感触と、直接的ではない刺激に……貴司の腰は意思に反してゆっくりと動き出す。


「やらしいね。普段は真面目そうなのに……本当は、こんな所にピアス開けられて、ペニスをしゃぶって悦ぶ変態だったなんて……きっと誰も想像出来ないだろうね」


「うっ……んぅっ」


―――違う、こんなの、セイじゃなかったら……。


苦痛なだけだと言いたいけれど、口をペニスで塞がれていては伝える事が出来なかった。


「貴司は何処(どこ)に精液が欲しい?口でいいの?」


「んう゛っ、ふぅっ」


言葉と共にペニスが抜かれて、貴司は肩で息をする。
顎を取られて顔を上げると、聖一の顔も僅かに紅潮していたから……状況を忘れ嬉しいような気持に貴司は包まれた。


「……後ろに、挿(い)れて……ほしい」


「後ろって何処?俺、馬鹿だから分からないや」


「意地悪……言うな」


一緒に暮らし始めた頃はこんなやり取りばかりだったが、最近は影を潜めていたから、改めて言えと命令されると恥ずかしくて堪らない。


「意地悪は……貴司だろ?」


言葉遣いがにわかに変わり、驚きに目を見開くと……咬みつくように口を塞がれて貴司は身体を強張らせた。


「んっ……ぐぅっ!」


―――やっぱり、怒って……。


強引に割り込んできた舌に、歯の裏を舐められて……貴司が身体を引こうとすると、鎖が強く引っ張られる。


「うぅっ……ん、んぅぅ!」


更にはペニスを靴で踏まれ、貴司は痛みに身悶えた。


―――痛っ……痛いっ!


きっと加減はしてくれているし、以前の方が痛かった……と、必死に意識を逸らそうとするが、そんな努力を打ち砕くように圧力が更に大きくなる。


「ふう゛ぅ……ん、うぅっ!」

―――なんで?こんな事しなくたって。


大抵の事は話せば理解出来る関係を築けていたのに、こんなやり方は酷すぎるんじゃ無いかと思った貴司は暴れ、ありったけの勇気を出して彼の舌へと噛み付いた。


「……んうぅっ!」


軽く噛み付いただけのつもりが、血の味が口の中に広がり、動揺した貴司の鼓動がひと際大きく身体に響く。


こうすれば……聖一がすぐに離れてくれると思っていたが、予想は外れて更に奥深く舌が入り込んできた。


「んっ、んぐぅっ……」


角度を変えて舌裏も舐められ、飲み込めない唾液が端から溢れて顎を伝い落ちる。


下肢を苛む脚が外され、乳首に繋がる鎖も放され、チュクチュクというキスの音だけが部屋の空気を震わせて……貴司は自分の背筋が粟立ち、下肢が熱を高めていくのを感じて身体を震わせた。



.

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!